芸能

ダウンタウンなう お騒がせ有名人出演の裏側を番組P明かす

プロデューサーの松本祐紀さんが語る『ダウンタウンなう』の舞台裏とは?

 ダウンタウンがお騒がせ芸能人に直撃するコーナー『本音でハシゴ酒』が話題の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、毎週金曜夜7時54分~)。芸能マスコミも注目する異色のトークバラエティーは、いったいどのように作られているのか。プロデューサーの松本祐紀さんに制作現場の裏側を尋ねた。

――もともと「ほぼ生放送(5分遅れのディレイ放送)」が売りの『ダウンタウンなう』でしたが、今はロケの『本音ではしご酒』がメーンになっています。『ハシゴ酒』シリーズの企画はどのようにして生まれたのですか?

松本:『ダウンタウンなう』の前に放送されていた『教訓のススメ』の最終回で、『坂上忍プレゼンツ 真っ昼間からハシゴ酒のススメ』というコーナーをやりました。文字通りダウンタウンと坂上忍さんが昼間から酒を飲むという企画です。この時、途中で指原莉乃さんや高橋ジョージさんがゲストとして入ってきたのですが、離婚騒動の渦中にある高橋ジョージさんにダウンタウンさんと坂上さんが切り込んでいく内容が好評だったので、『ダウンタウンなう』の8月のスペシャル企画としてやってみようということになりました。

 すると番組視聴率が11.2%を記録しました。実はフジテレビの金曜夜8時台というのは視聴率の面でずっと苦戦していて、11%を超えたのは久しぶりだったんです。放送後はネットニュースでも話題になったので、「これはもしや、いけるんじゃないか?」という手応えがありました。

――もうディレイ放送には戻らない?

松本:戻らないですね(笑い)。

――8月のスペシャルでは、B21スペシャル、清原和博さん、加護亜依さん。その後も朝青龍さんや元オセロの中島知子さんなど、世間を騒がせた人が続々と登場しています。毎回これだけのゲストに出演してもらうのは大変かと思います。

松本:最初はスペシャルで1回だけというつもりでした。お酒を飲みながら、大変な人の大変な悩みを聞かないといけないので、ダウンタウンの二人も相当なカロリーを消費します。だからこのコーナーを定期的にやるにあたっては、二人を説得するところから始まりました。「これ毎回やるもんちゃうよな」という空気があったので、最初は“だましだまし”でしたけど(笑い)。「あれ、この番組ロケになったんやっけ?」と言われることもありました。目下の悩みは、最初のスペシャルでかなり濃い3組に出てもらったので、ゲストのハードルが上がったしまったことです。

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン