• TOP
  • 特集
  • 屈指の技術誇る力士 女性に人気なのはソップ型よりアンコ型

特集

2016.01.02 15:59  週刊ポスト

屈指の技術誇る力士 女性に人気なのはソップ型よりアンコ型

 人並み外れた強靱な肉体を持つアスリートたちは性生活もすごい。普段、厳しいトレーニングを積むストイックな禁欲生活を送っているからこそ、それが解き放たれた時には、凄まじい燃え上がり方を見せるという。ここでは力士の熱くて深い夜を詳らかにしよう。

 角界は非常に性に対して奔放な業界である。

「『首投げ』という隠語があるくらいセックスが盛ん(首投げが決まった時の格好が正常位に似ているため)。兄弟子目当てに部屋の稽古を見に来ているホシ(女性の隠語)であっても、チャンスがあればやってしまうという力士が多い。

 相撲の追っかけをするような女性は、誰もまだ目を付けていない新弟子から贔屓にして、出世していくのを見守るのがツウだから、新弟子が少しでも昇進してから言い寄れば、相手の女性の母性をくすぐって首投げできる」(角界関係者)

 東京での本場所はそれぞれの部屋から通うので大人しくしているが、地方場所や巡業ではハメを外す。

「幕下以下の若い衆は祝儀をもらうとすぐにソープに行くしデリヘルを呼ぶ。3月の大阪場所は就職場所と呼ばれているが、高卒の新弟子は兄弟子に連れていってもらって初体験を済ますのが慣習でしたね。最近は初体験が早くて、ほとんどのヤツが入門時には経験してますけど」(ある親方)

 ちなみに力士はスポーツ界の中でも屈指の床上手。「力士とヤるとやめられなくなる」女性は多い。

「太っているのでやりにくそうに思えるが、“正常位は150キロまではできる”といわれているので問題ない。力が強いから自由自在に女性の体を操れるうえ、自身の股関節が柔らかいので色んな体位が可能になる。

 力士とやりたがるホシに人気なのはソップ型(痩せ型の力士)よりもアンコ型(太っている力士)。『駅弁』の体位でホシを抱きかかえ、着物の帯をホシのお尻の下に回して、それを引き寄せるようにしてピストン運動する。柔らかいお腹に埋もれながら快感を味わえるのが女性にはいいそうです(笑い)」(同前)

※週刊ポスト2016年1月1・8日号

関連記事

トピックス