• TOP
  • 特集
  • 無料動画サイトのサーバー運営 英語圏→中華圏→タイと変遷

特集

2016.01.04 15:59  週刊ポスト

無料動画サイトのサーバー運営 英語圏→中華圏→タイと変遷

 相手がいなくてご無沙汰だという人も、近ごろ性欲が湧かないという人も、新年は性生活の心機一転を図る絶好の機会。動画サイトのサーバーにも新たな動きが登場している。

 無修正・無料エロ動画ファンの間では、コンテンツの充実度と使いやすさで「XVIDEOS」「xHamster」「PornHub」「FC2」の4サイトが広く認知されている。これらのサイトは英語圏にサーバーがあるといわれるが、昨年は「This AV」という中華圏のサイトが注目を集めた。さらに、こうしたサイトにある動画を集約して日本語で検索しやすくした「ero video」などの“まとめサイト”も登場している。

 そんな中、今年話題を集めそうなのが、「JavMost」というサイトだ。エロ動画事情に詳しいライターの尾谷幸憲氏が語る。

「サイトの一部にタイ語表記があるので、タイで運営されているサイトでしょう。モザイク入りの動画のほか、無修正動画も無料で閲覧できるようになっています。まだほとんど知られていませんが、エロ動画ファンの間で話題になるのは間違いありません」

 検索サイトで「JavMost」と入力すると、検索結果の一番上にサイトのリンクが現われた。クリックすると、AVのパッケージ画像が無数に並ぶ画面に。下にスクロールしても新たな画像が次々と現われる。

「こうした動画は日本で発売されたモザイク付きAVや有料サイトが配信した無修正動画が無断でアップロードされたものです。有名サイトと違ってまだ“ノーマーク”のため、AVメーカーの削除依頼対象に入っておらず、多数の動画が見られる状態になっているようです」(尾谷氏)

 ちなみに現在の法律では、違法動画を視聴するだけであれば処罰の対象にはならない。ただし、動画をダウンロードしてパソコンやスマホに保存すると、作品を複製したとして著作権侵害となる可能性が指摘されている。あくまでサイト内での視聴にとどめておくべきだ。

※週刊ポスト2016年1月15・22日号

関連記事

トピックス