特集

1336人と経験の宍戸錠氏 「歴代1位はやっぱりカミさん」

宍戸錠氏が行き交う女性に向ける視線は鋭い

〈風船2つ0.65秒 早撃ち世界3位〉──数々の日活アクション映画で主演を務めた“エースのジョー”こと宍戸錠氏の若かりし頃のキャッチコピーだ。現在82歳になる宍戸氏は、別の「世界3位」の記録を持っている。1336人という女性の経験人数だ。宍戸氏が語る。

 * * *
 俺は日活のニューフェイス1期生に合格して、大学を2年で辞めた。日活入社後の俺はよくモテた。女遊びって言ったって、スケールが違うぞ。

 地方ロケに行くだろ。北海道の一番東の納沙布岬で撮影があった時は、宿泊先の旅館の目の前にキャバレーがあったんだ。

 毎晩日替わりでその店から女の子が俺たちの部屋にやって来るの。「俳優さんを見に来たの」って。「裸も見たい?」って聞くと「うん、見たい」って。向こうが5人いたから俺たちも5人揃えるしかないよな。

 すぐに後輩のたー坊(川地民夫)を呼んで、「今、来てるからヤル場所決めろよ」って号令をかけるんだ。その時はお風呂だった。「大浴場で洗いっこしようぜ」とか言って、俺が一番いい子を最初に決めちゃったな(笑い)。今風に言えば10Pか。あれは豪快だったな。

 40代の頃は、しょっちゅうナンパして、最低でも年間50人はヤッてた。50代で数は減ったけど、ハンティングは俺の本能だから止められねぇ。

 6年前に亡くなったカミさんは、浮気も含めたそんな俺の行状を全部知ってた。俺は「お前もやりゃいいんだよ」って言ってたけど、彼女は結局最後までしなかったと思う。

 1336人の中から1位を決めろと言われると、やっぱりカミさんなんだよな。何を優等生発言してるのかって? 「愛してる」なんて言った記憶はねぇし、家族も信じないだろうけど、愛のあるセックスが一番気持ちいいんだよ。

 そういえば、彼女の葬儀で最後のお別れの時、棺を開けてカミさんに口づけをしたら、子供たちが腰を抜かして驚いていたな(笑い)。

 彼女は世界3位の俺にとって特別な女だったんだよ。

●ししど・じょう/1933年大阪府生まれ。1954年、日活ニューフェイス第1期生としてトップ合格し翌1955年に『警察日記』でデビュー。「エースのジョー」として人気を得る。『殺しの烙印』、『拳銃(コルト)は俺のパスポート』など300本以上の映画に出演してきた。

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2016年1月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス