• TOP
  • 特集
  • 1336人と経験の宍戸錠氏 素っ裸で2階から飛び降りた修羅場

特集

2016.01.21 15:59  週刊ポスト

1336人と経験の宍戸錠氏 素っ裸で2階から飛び降りた修羅場

川地民夫が宍戸錠の「修羅場」を述懐

 数々の日活アクション映画で主演を務めた“エースのジョー”こと宍戸錠氏。現在82歳になる宍戸氏は、なんと1336人という女性の経験人数があるという。そんな数々の伝説を持つ宍戸氏について、日活時代の後輩、俳優・川地民生氏(77)が振り返る。

 * * *
 お互い20代の頃の話だよ。カウンター造りの小料理屋でメシを食っていたジョーさんの隣に、イイ女が腰を下ろした。ジョーさんは相手の耳元でコチョコチョと囁いたりして、いつものように簡単に引っかけちゃう。

 当時は街中にモーテルなんてほとんどなかったから、車の中でヤルしかない。けど、その時のジョーさんの愛車はトライアンフのオープンカー。店を出たジョーさんは彼女を乗せて愛車を近くの知らない家のガレージに突っ込んで、おっぱじめた。

 でも途中でガレージの持ち主が帰ってきちゃってね(笑い)。さすがのエースのジョーも「すみません。もうここではしません」って頭を下げて、逃げるしかなかった。

 撮影で地方ロケに行った時も、いつものごとく地元のキャバレーで女を引っかける。昔の役者の宿泊先は2~3人の相部屋が普通だったから、部屋に女は連れ込めない。ジョーさんは相手の女の部屋に行くことにした。

 早撃ちジョーは我慢を知らないから玄関に入るなり服を脱ぎ始め、廊下やキッチンにも服や下着を脱ぎ散らし、2人はもつれ合って全裸で寝室に突入した。

 ところがセックスの真っ最中に、女の彼氏が帰ってきやがった。

 部屋を出て服を取りに戻ると男と鉢合わせしてしまうから、ジョーさんは素っ裸で2階の部屋から飛び降りて、そのまま旅館まで戻ってきた。途中、前方に人影が見えると、電信柱の陰に隠れてやり過ごしたんだって(笑い)。

 こんな漫画のような体験談を話せるのはジョーさんだけ。ずっと現役でいてほしいね。

●かわち・たみお/1938年神奈川県生まれ。石原裕次郎の実家の隣に住んでいた縁で57年日活入社。宍戸氏らと共に日活の全盛期を支えた。

※週刊ポスト2016年1月29日号

関連記事

トピックス