芸能

清原逮捕で元妻と2人の子は逃避行 学校にも行けない状況

元夫の逮捕以降、子供達との逃避行が続く

 濃紺のユニフォームに身を包んだ少年たちが、グラウンドで声を上げている。「お願いしま~す!」。コーチのノックした打球に内野手が食らいつく。うまくキャッチできた子、トンネルしてしまう子、レベルはさまざまだが、みな懸命に白球を追いかけている。「ナイスキャッチ!」、「ドンマイドンマイ!」。わが子を見守る母親の声援が青空に響きわたる。2月7日の昼下がり、都内のグラウンドで行われていた少年野球の練習風景は、どこにでもある穏やかな週末の一コマに見えた。しかし──。

「口には出しませんが、子供たちも“異変”を感じていたと思います。チームの主砲といわれている少年と、お母さんが来なかったんです。彼女は毎週必ず息子さんの応援に来る熱心な人でしたから…」(母親の一人)

 練習を休んだこの母子は、清原亜希(46才)と次男(10才)だった。元夫・清原和博(48才)の覚せい剤逮捕から1週間。亜希の動揺はなお深く、子供を連れた逃避行が続いている。

「自宅には一切帰っていません。息子さんも学校を休まざるを得ない状況だそうです。実家のご両親も亡くなっているし、知人の所に身を寄せているという話ですが…」(亜希の知人)

 清原容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕されたのは、2月2日夜11時のこと。捜査員が港区の自宅マンションに踏み込んだ際、清原容疑者は注射器とストローを左手に持っていたという。

 報道陣は亜希のコメントを求めて自宅マンションに殺到したが、前述の通り、彼女は逮捕の一報を受けてすぐに子供を連れて自宅を出た。

 逮捕から3日後の2月5日、亜希は所属事務所を通じてコメントを出した。元夫の逮捕で多くの人々に迷惑をかけたことを謝罪した上、心境をこう綴った。

《今、私にできることは多くありませんが、まずは親として、大切な子供たちを守ることが一番の責任だと思っております》

 亜希の自宅マンション前の塀には、野球のボール跡が無数にある。近隣住民がその痕跡を見ながらつぶやく。

「亜希さんの息子2人がよく壁野球をしていたんです。彼らをそっと見守る亜希さんの優しい表情が忘れられません。子供にとっては別れても父親ですから、清原さんの背中に憧れて野球の道に進むのは自然なこと。今回の事件は何よりも子供たちのショックが大きいでしょうね…」

※女性セブン2016年2月25日号

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン