芸能

母親の介護する渡部篤郎を「再婚間近女性」が支える

母親の介護問題を抱えていた渡部篤郎

 俳優の渡部篤郎(47才)が30代の元ホステスの女性A子さんと再婚間近であると報じられた。女性セブンが渡部とA子さんのデートを目撃したのは昨年7月上旬のことだった。場所は六本木ヒルズ。人目をはばかることなくA子さんの肩にキスをする、まるでドラマのような大人のカップル。周囲が赤面するほど熱いふたりだった。

「A子さんは10年来の友人だったが、昨年春先からふたりで食事をするなどして意気投合。彼女はバツイチで子供がいて、姉さんタイプ。サバサバしていて、清原亜希さんとかRIKACOさんとタイプはかぶります」(A子さんの知人)

 A子さんは当時、銀座にホステスとして勤めていた。彼女の出勤日には渡部が顔を出し、一緒に帰って行くこともたびたびあった。

 渡部は1993年にRIKACO(49才)と結婚、2人の息子がいる。しかし、結婚関係にあるなか、渡部は共演者である中谷美紀(40才)と交際を開始。2005年に渡部とRIKACOは離婚するがその後も中谷との交際は、決してオープンなものではなかった。

「息子さんの気持ちを考えて、デートも人目につかない場所を選んでいました。一緒に暮らし始めたのも、外では会いづらいというのが大きかったと思います。ここ数年は夫婦同然の生活でしたから、渡部さんのお子さんも成人する年頃になったし、結婚秒読みかともいわれていました」(芸能関係者)

 中谷との結婚が近いと囁かれていたその時期、実は渡部は母親の介護問題を抱えていた。

「その前に渡部さんはお父さんを亡くしていて、お母さんは一人暮らしでした。そのお母さんの体調がよくなくって…。とはいえ、このまま結婚して中谷さんに介護を一緒に手伝ってもらうということにも、渡部さんとしては抵抗があった。

 中谷さんとしては全部受け止める覚悟があったと思いますが、彼は考えてしまったんでしょうね。そうこうするうちにお母さんの体調がさらに悪化してしまったんです。それで、渡部さんは中谷さんと共に暮らす家を出て、お母さんと暮らすことを決めたんです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン