• TOP
  • ライフ
  • 血糖値と尿酸値 改善に緑茶、コーヒー、地中海式ダイエット

ライフ

2016.02.26 11:00  週刊ポスト

血糖値と尿酸値 改善に緑茶、コーヒー、地中海式ダイエット

 健康診断で「血糖値」と「尿酸値」の数字に一喜一憂する男性は少なくない。これが多くの男性にとって悩みの種になっているのは、それぞれが「糖尿病」「痛風」というつらい病気に冒されるリスクを孕んでいるからだ。

 ではこうした数値を改善するためには、どんな対応を取れば良いのか。

◆薬は飲んだほうがいい?

 数値が高くなったからといって、簡単に薬に頼るべきではないと芝浦スリーワンクリニックの板倉弘重名誉院長は指摘する。

「検査で『要治療』とされても、その後に食生活を見直したら数値が正常になるケースは少なくない。薬ばかりに頼るのではなく、まずは食事療法を中心とした生活習慣の改善を考えたい」

 別の目的で飲んでいる薬が思わぬ悪影響を及ぼすこともある。

「高血圧の人が血圧を下げるために利尿薬を飲むケースがありますが、利尿薬は尿酸の排泄を低下させ、尿酸値を上げる作用があるので要注意です」(秋葉原駅クリニック・大和田潔院長)

◆カロリー制限はすべき?

 血糖値は糖質、尿酸値はプリン体を制限しないといけないので「カロリー制限」で体重を減らそうとしても効果的ではない。秋津医院の秋津壽男院長が過剰なダイエットに警鐘を鳴らす。

「医師から“痩せろ”と繰り返し命じられて必死でサウナに入っていたら、痛風発作を起こしたという患者がいました。脱水状態になると尿酸の血中濃度が上がるので、むしろ痛風になりやすくなるのです」

関連記事

トピックス