• TOP
  • 芸能
  • 大杉漣 街で「渋いわね」と言われるとつい渋くしてしまう

芸能

2016.02.28 07:00  女性セブン

大杉漣 街で「渋いわね」と言われるとつい渋くしてしまう

『警視庁ゼロ係』で係長・亀山良夫を演じる大杉漣

 若いイケメン俳優に沸き立つ気持ちも理解しつつ、なんだか惹かれる存在がいる。演技力はもちろん、圧倒的な存在感があって、フェロモンむんむんな渋い俳優…。そう、今そんな渋いメンズ=「渋メン」に恋する女性が増えている。

 現在、金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(テレビ東京系・金曜20時~)で、気弱で胃腸の弱いがどこか謎めいた係長・亀山良夫を演じる大杉漣(64才)もそんな渋メンの一人。

 300の顔を持つ男”大杉の渋さたるや…!

「ぼくの場合は茶目っ気も入れて“渋茶目”ってことにしてください。でも、街を歩いていて“やっぱり渋いわね”なんてひそひそ声が聞こえると、その瞬間、渋くしてしまう自分がいるんですけど(笑い)。俳優になって42年経ちますが、表現の世界にゴールはないのかもしれないと思うんです。逆にいうとそれが(まだやれるという)希望だと実感しています」。

 そんな展望をしぶ~く語った。

【プロフィール】
大杉漣●1951年9月27日生まれ。徳島県出身、身長178cm。1974年に劇団転形劇場の創立メンバーとなり、37才で映像の世界へ。現在、ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』に出演中。

※女性セブン2016年3月10日号

関連記事

トピックス