• TOP
  • ライフ
  • 花粉症の根治療法として期待される「舌下免疫療法」の評判

ライフ

2016.03.04 11:00  週刊ポスト

花粉症の根治療法として期待される「舌下免疫療法」の評判

花粉症の苦しみから開放される日は来るか

 鼻水にくしゃみ、目のかゆみが止まらない──花粉症の人には辛い季節が今年もやってきたが、そんな苦しみから一生解放されるかもしれない驚きの「根治療法」に注目が集まっている。40代男性・Aさんは、10年以上にわたって花粉症に苦しめられてきた。

「毎年2月に入ったくらいから鼻がムズムズしてマスクが手放せなくなり、ドラッグストアで薬を買ってなんとか乗り切ろうとしていましたが、花粉が多く飛ぶ晴れた日は外出する気分にもならなかった。常にイライラしているから家族や職場の部下にも些細なことで怒鳴ったりしてしまっていた」(Aさん)

 ところが、一昨年から「全く新しい治療」に取り組んだところ、症状は大きく変わったという。

「去年は、花粉症シーズンの真っ只中でも、目のかゆみが少し出る程度まで改善しました。花粉の多い日は市販薬を併用していましたが、夜中に鼻づまりで眠れないといったこともなくなりましたね」(Aさん)

 日本人の5人に1人が悩んでいるともいわれる花粉症。その“国民病”の画期的な新治療法の成果が、徐々に明らかになってきている。

 Aさんが始めたのは「舌下免疫療法」と呼ばれる治療法だ。医師の指導を受けながら、舌の裏側の付け根に毎日、少量のアレルゲン免疫療法薬「シダトレン」を垂らすだけというシンプルな治療だ。

「先生からは3か月程度続ければ症状を和らげる効果があり、数年続けると完全に症状がなくなることも期待できるといわれました」(Aさん)

 この治療が保険適用になったのは2014年10月から。それ以降に治療を始めた人たちから、症状が改善したとの声が聞こえ始めているのである。日本人の花粉症の7割はスギ花粉が原因とされているが、「舌下免疫療法」はスギ花粉へのアレルギー反応そのものをなくしていく治療法だ。

 先に花粉症のメカニズムを簡単に説明すると、まず体内に吸い込まれたスギ花粉が免疫細胞によって「異物」と認識されることで抗体が作り出される。

 その抗体が鼻などの粘膜にはたらきかけてスギ花粉を体外に排出させようとする。その反応が激しくなると鼻水やくしゃみ、涙が止まらなくなるのだ。本来、とくに害がないはずのスギ花粉に、体が過剰反応してしまっている状態である。花粉症治療に詳しい慶友銀座クリニックの大場俊彦・院長が解説する。

「これまでの花粉症治療としては、投薬治療と外科的な治療の2つがありました。投薬は抗アレルギー薬と呼ばれる薬を使って、アレルギー反応のなかで分泌される体内物質のはたらきを抑制し、鼻づまりや目のかゆみを和らげます。

 外科的な治療としてはレーザー治療などがあります。花粉症になると下鼻甲介と呼ばれる鼻の中の突起部分の粘膜が大きく腫れあがり、鼻水や鼻づまりの原因となります。その部分をレーザーで焼いて小さくすることで症状を改善しようとするものです」

関連記事

トピックス