スポーツ

松井稼頭央 目標は「あと351本の日米通算3000安打」

張本勲、イチロー以来の大記録に挑む松井稼頭央

 プロ野球界では昨年、ベテラン選手が数多くユニフォームを脱いだ。山本昌(50)、斎藤隆(46)、谷繁元信(45)、西口文也(43)、和田一浩(43)、小笠原道大(42)……。今季プロ23年目、すでに2000安打も達成した東北楽天ゴールデンイーグルスの松井稼頭央(40)も、野手ではロッテの井口資仁(41)に次ぐ2番目の年長選手となった。松井本人が語る。

「みなさん一斉に辞められたので驚きました。そういう年齢の近い先輩方の引退を間近で見ると、自分の引き際についても考えさせられます」

 松井にはまだ、自身の引退に対するハッキリとした考えはない。だが、「そう遠くはない」という意識はある。

「僕らはプロ野球選手なので、自分がやりたいと思っても契約してもらえなかったら続けられない。だから、チームやチームメートから必要とされる選手で居続けないと。必死にもがいて、どんな形でもいいから、求められる存在でいたいですね」

 名ショートとして名を馳せてきた松井は、昨季から外野手登録選手としてプレーしている。二遊間のベテランが、守備の負担の少ない一塁手へ転向する例はよくあるが、走力が求められる外野へ守備位置を変えるケースは稀だ。この珍しいコンバートは、松井自らが申し出て実現した。

「ショートとして、これまで自分なりにいろいろ試したり経験したりしてきました。だから、内野手としての自分の先の姿も見えてきていたというか……。でも外野は未知の世界。そこに踏み出すことで、何か新しいことが見えてきたらいい、選手としての可能性がもっと広がればいい、と期待しているんです」

 この挑戦の意識こそが、松井のモチベーションになっている。

「すべてを新鮮に感じられるのがいいですね。外野手としては未知数だから、まだ伸びる可能性がある。もちろんダメになってしまう可能性もあるでしょう。その緊張感と刺激がいいんですよ。だから、この年齢なのに、自分から外野へ転向したいという申し出を了承してくれたチームには、本当に感謝しています」

 外野手・松井としてのプレーに対するこだわりは、チームメートから「あいつのところに打たせれば大丈夫だ」という信頼を得ること。今季はそのチームメートたちと2013年以来の優勝を目指す。

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン