• TOP
  • 芸能
  • ダイアモンド☆ユカイが語る不妊治療と「オレ流子育て」

芸能

2016.03.11 11:00  女性セブン

ダイアモンド☆ユカイが語る不妊治療と「オレ流子育て」

「オレ流子育て」を語るダイアモンド☆ユカイ

 育児をする男性を“イクメン”などと呼ぶことが多い昨今。なかには、まるで流行のアクセサリーのように“イクメン”という肩書を喜ぶ男性もいるようだが、そんな状況に違和感を抱いているのがダイアモンド☆ユカイ(53才)だ。47才で初めてパパとなったユカイは、6才の長女と4才の双子がいる3児の父。10月開幕の『ミス・サイゴン』など、精力的に舞台を行う一方で、今月9日にカバーアルバム『RespectIII』を発売した。

「子育ても手伝うけど、オレは自分がイクメンだと思ったことはないんだ。子供を授かった喜びを毎日かみしめていますよ」(以下「」内全てユカイ)

 その背景には、夫婦が二人三脚で挑んだ不妊治療がある。ユカイは「閉塞性無精子症」だった。精子は作られているが輸送路となる精路に問題があって、放出されない。治療では、精子を採取して凍結保存し、妻から採取した卵子と顕微授精を行い、妻の体内に受精卵を戻す。それは妻側にも大きな肉体的負担を伴う治療で、高額な費用を伴った。

「オレにとっては2度目の結婚だったし、ファミリーを持つべく結婚したので、自分のせいで子供が授からなくてつらい思いをしている妻を見ると心苦しかった。人生=不妊治療みたいな日々になってしまった。金銭的にも肉体的にも精神的にもドン底に落とされて、何でもないことで夫婦間がギクシャクしちゃって。離婚するかまで追いつめられたことも1度ではない。疲れ切って、夫婦で話し合って1度は子供を諦めることにしたんだ。でもしばらくしたら妻が、『私、もう1度だけ悔いが残らないように挑戦したい』と言い出したんです」

関連記事

トピックス