• TOP
  • 特集
  • 全米注目の女性全裸セラピスト 世界中の男性に送る助言

特集

2016.03.18 15:59  週刊ポスト

全米注目の女性全裸セラピスト 世界中の男性に送る助言

 1000人の男性患者を“治療”したとして全米が注目する「全裸セラピスト」がサラ・ホワイト氏だ。彼女はなぜ裸体で治療するのか? 彼女に話を聞いた。

──ネーキッドセラピー(全裸療法)を始めたのはなぜ?

「患者の前で裸になる、あるいは患者さん自身も裸になることで、お互いの信頼関係が生まれるからです。性本能に触れることができ、オープンで感情的に話をしてくれるようになる。これは男性患者に対してはとても重要です。私のネーキッドセラピーは1回1時間ほどで、ウェブカメラを使って行ないます。固定の患者は常に10~20人ほど。2010年に始め、これまでに1000人以上の患者さんを診てきました」

──アメリカの男性に一番多い性の問題は?

「カップルが十分なセックスをしていないということで、日本と似ていると思います。セックスそのものが“大事なこと”の優先順位に入っていないんです」

──印象的だった患者さんは?

「結婚直前のある男性は、それまで童貞で女性の裸を見たことがありませんでした。セックスについて考えることもできません。彼は私のところに来る前に、別の女性セラピストの元に通っていましたが、その女性のお尻に惹かれてしまい、結局、何年間も何もできずに悩んでいたそうです」

──その男性にはどんな治療を?

「私のお尻も見たいようだったので、まずお尻を見せてあげました(笑い)。それから私の裸を見せて女性の裸に慣れさせ、女性とセックスできるように訓練させたんです。別の男性のケースでは、セックスはおろかマスターベーションをするのも怖い。そこで週に1回話し合い、最後には私も一緒になって彼にマスターベーションをさせました。もうすぐのところまできた時に私が裸になると、見事に成功! 私も嬉しかったです」

関連記事

トピックス