• TOP
  • ライフ
  • 小島慶子 男性の資産で賄ってもらうことを不安視している

ライフ

2016.03.25 07:00  女性セブン

小島慶子 男性の資産で賄ってもらうことを不安視している

女の幸せについて語る工藤美代子さん

 バブルがはじけて不況を生きてきて、何より30年分、私たちは年を取って、「幸せの形」もあの頃とは随分と変わったのではないか。だからもう一度、考えてみたい。幸せってなんだろう。幸せは何処にあるのか――このたび、人生をリセットして「後妻という生き方」を選んだ女性たちをルポした『後妻白書 幸せをさがす女たち』を上梓した作家の工藤美代子さんと、タレントでエッセイストの小島慶子さんが、「男と女」について本音で語り合った。

工藤:小島さんは美しく、IQが高く、しかも発信力をお持ちです。後妻になった人たちは、特に美人というわけではないんですよ。自分で気をつけてエステに行ったり、ヒアルロン酸の注射を打ったり、着るものに気を配っているからきれいに見えるんですね。

小島:それも頭を使う作業ですよね。

工藤:それと気合。後妻は気合だと思いました。

小島:何に対する気合ですか?

工藤:自分はいい女だと信じる気合です。年を取ってくると、自分は魅力的だと思えなくなってくるんです。どこへ行ってもおばあさんという顔で見られるし、男の人から食事に誘われることもなくなります。でも、後妻に行った人たちは私みたいに卑屈にならない。私はいい女よ、大丈夫って気合を入れていると、不思議なもので、彼女をいい女だと見る男が現れるんですね。

小島:自分のマーケットがどこにあるのかを掴んで、マーケットの方から自分に近寄ってくるように工夫するのは、とても知的な作業ですよね。ものすごい欲望がないとエンジンが動かないけれど。

工藤:私はよく考えるんですけど、大きな競技場があって、みんなが走っている。素敵な人が食事に誘ってくださっても、その人の周りで女たちが大勢走っていると、彼女たちと競争してこの男を手に入れるのは絶対無理と思ってしまうんです。

小島:私も工藤さんと同じで、無理。だから自分で稼ごうと思ったんです。お金のことをまったく考えないですむ人生だったら、と夢想することはありますが、それを男の人の資産でまかなってもらうことが、私の場合は不安なんです。人を信じていないので。

工藤:ああ、そこが世代の違いですね。私は自分に贅沢をさせてくれる男についにめぐり会わずに人生が終わるなんて、つまらない生涯だなと。

小島:そんな、こんなにたくさんのご本を書かれているのに。

関連記事

トピックス