• TOP
  • ライフ
  • 「大人の塗り絵」にハマる人が増加 SNS疲れに効果も

ライフ

2016.04.02 07:00  NEWSポストセブン

「大人の塗り絵」にハマる人が増加 SNS疲れに効果も

ブームの「大人の塗り絵」。デザインはバラエティに富む

 今、「大人の塗り絵」が大人気だ。「やると楽しくて時間が経つのが早い」と大人たちが夢中になっている。浅田真央やNMB48の川上礼奈らも「ハマっている」と公言しており、最近始めたというモデルのヨンアもSNSで「はまりました」と塗り絵画像を公開している。

 大人の塗り絵は、ストレスを解消するアートセラピーとしてフランスからブームに火がつき、数年前から日本でもじわじわと人気が拡大。「めざましテレビ」(フジテレビ)や「NEWS ZERO」(日本テレビ)などのテレビ番組でも取り上げられ、近ごろ人気が高まっている。ストレス解消や、自律神経を整えたり集中力を高めるなど、その効果も注目を集めている。書店では大人の塗り絵の特設コーナーが設けられ、女性だけでなく男性が購入していく姿もあるほどだ。

 大人の塗り絵は、塗りつぶし部分が大きく単調な子供の塗り絵と違って、絵柄が美しく、緻密で繊細なのが特徴。集中して色を塗った後には、達成感やストレスの解消や癒し、童心に返ったかのような懐かしさを感じるという。デザインは花柄を中心に、ディズニーにグリム童話、ハリー・ポッター、スター・ウォーズ、京きもの柄、世界遺産、ゴッホの絵画まで、バラエティに富んだ塗り絵が発売されている。

 なぜ大人も塗り絵にハマるのか。心理カウンセラーの小高千枝さんは、こう分析する。

「自分自身の本質的な気持ちを素直に表現する場が、なかなかないからではと思います。現代社会において、他者評価ありきで自分らしさを見失っている人が増えていると感じます。SNSには強い承認欲求が溢れ、装飾した自分を発信する傾向が強く、表現する側も読む側も双方疲れてしまっている状態なのです。

 そんな自分を見つめ直すために、自分の世界観に浸りたいのではないでしょうか。アートセラピーのひとつでもある塗り絵は、自分自身を内観できて、他者は関係なく自己満足できる。そんなところが受けているんだと思います」

 他人の評価だけでは本来の承認欲求は満たされないため、他者の視線ばかりを気にするのではなく、自己承認をしてあげることが大事だと、小高さんは説く。その手段としても、好きなように自分の世界観を表現できる塗り絵は最適だという。

関連記事

トピックス