芸能

NHK桑子アナにフジイケメンアナと熱愛報道 妹も応援

NHK桑子真帆アナとフジ谷岡慎一アナの交際が発覚

 4月1日の深夜、午前4時過ぎ。東京・世田谷区の路上を1組のカップルが仲睦まじく手をつないで歩いていた。かなり酒を飲んだのか2人とも千鳥足。男性が女性の腰に手を回して引き寄せると、彼女はうっとりとした表情でしなだれかかる。

 深夜の人気のない街をブラブラと散歩するこの女性は、NHKの桑子真帆アナ(28)だ。『ブラタモリ』でタモリの相棒を務めたことで一躍ブレイクした桑子アナの熱愛を4月11日発売の週刊ポストが報じている。

 桑子アナは2010年にNHKに入局し、長野放送局で3年、広島放送局で2年の勤務を経て、昨年4月に東京アナウンス室に異動。同時期に『ブラタモリ』が3年ぶりにレギュラー番組として復活し、彼女は異動早々、タモリのアシスタントという大役を任されることとなった。その愛らしいルックスとキャラクターは、瞬く間に世の男性を虜にした。

 そんな桑子アナと「ラブタモリ」していたのは、フジテレビの谷岡慎一アナウンサー(29)だ。『ノンストップ!』(月~金、9時50分~11時25分)やスポーツ実況を担当する同局期待の若手アナである。

 フジテレビ関係者は同誌の取材にこうコメントしている。

「明るくてフランクな好青年です。野球部出身のスポーツマンで礼儀正しく、周囲からの評判もすこぶる良い。爽やかなイケメンなので、特に『ノンストップ!』の視聴者である主婦層のウケがいいようです」
 
 2人は局こそ違うが、2010年入社の同期組だ。どうやら学生時代にアナウンサー養成講座に通っていた頃からの知り合いで、昨年4月に桑子アナが東京アナウンス室に異動となってから急接近したのだという。

 同誌は散歩デートを楽しんだ2人がタクシーに乗り込み、桑子アナの自宅マンションに帰る様子を報じている。谷岡アナの実家では、彼の妹が同誌の取材にこう答えている。

「去年の秋、お兄ちゃんから“桑子さんと付き合っているんだ”と嬉しそうにノロケて報告されました。まだ彼女とは会わせてもらっていませんが、綺麗で聡明な方だし、結婚という話になったら私も両親も応援しますよ」

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン