• TOP
  • 特集
  • その早さに困っている男性に推奨 「スクイーズ法」のやり方

特集

2016.04.21 15:59  週刊ポスト

その早さに困っている男性に推奨 「スクイーズ法」のやり方

 あまり大っぴらに語る話題ではないオナニー(マスターベーション・自慰)だが、これをただの「快楽」や「息抜き」ととらえるか、それとも「女性とのセックスに向けてのトレーニング」ととらえるかで、男の「性の実力」は大きく変わってくる。2011年に出版した『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』が大ベストセラーになった産婦人科医の宋美玄氏は、「男性のマスターベーションについては性科学に関する学会などでも大きなテーマになっている」と語る。

「マスターベーションで“イク”ことを覚えた女性は、セックスでもオーガズムに達しやすくなります。もちろん男性にとっても、正しいマスターベーションは機能向上に役立ちます」

 たとえば早漏で悩む男性は、日頃のオナニーの中で「スクイーズ法」という改善トレーニングを試してみるといい。普通にオナニーを行ない、射精する寸前までいったときに亀頭と陰茎の境目のくぼみ、いわゆる「カリ首」と呼ばれる部分をギュッと押さえながら射精を我慢するのだ。

「一度のマスターベーションでこの行為を何度か繰り返すことによって、射精までの時間が延長していくことがわかっています。すぐに効果が出るわけではなく、3か月以上はみておいたほうがいいでしょう。何事もやりすぎはよくありませんので、焦らずに無理のない範囲で続けましょう」

※週刊ポスト2016年4月29日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス