• TOP
  • 特集
  • 競争率200倍超 中国の紗倉まなファンイベントに潜入

特集

2016.04.29 15:59  週刊ポスト

競争率200倍超 中国の紗倉まなファンイベントに潜入

 4月14日から17日まで中国・上海で開催された世界最大級のアダルトグッズ展示会『上海国際成人展』には、日米韓など世界の300企業が出展し、約6万人が足を運び大いに賑わった。

 日本からはアダルト用品メーカー『TENGA』や『トイズハート』などが参加。水咲ローラ、香西咲といった人気AV女優が登場するとステージ前には中国人男性が殺到。カメラを頭上に掲げ、汗だくでシャッターを押しまくった。

 なかでも人気を集めたのが紗倉まな(23)である。2013年10月に明石家さんま(60)とフライデーされたロリ系の人気AV女優で、中国では「神」「性の師匠」として崇められる蒼井そらや「暗黒リン・チーリン」と称される波多野結衣と並ぶ知名度と人気を誇る。

 本誌は紗倉のファンミーティングの独占取材に成功した。このファンミーティングは約4000人の応募者から抽選で選ばれた15人だけが参加を許される貴重なイベントだ。その倍率、200倍超である。

 紗倉の挨拶に続いて行なわれたのが「質問コーナー」。中国人ファンの限界ギリギリの質問に誠心誠意答える紗倉。この“攻防”を誌上中継しちゃいます。

──初体験はいつですか?
「16歳で学校の先生とハメハメしちゃいました。その先生は気づいたらいなくて。辞めさせられたのかも(笑い)」

──中国人男性とAVを撮るとしたら、どんな内容がいい?
「小龍包を食べながら、ふるさとを思い出すね、みたいな感じで撮りたいかも。で、アソコが東方明珠(上海タワー)みたいに立派だねって言ってあげたい」

 そして中国人ファンの興奮が最も高まったのが、この質問だった。

──この中だったら誰とHしたい?
「興奮しやすい人がいい! すぐ元気になっちゃう人」

 歓喜の雄叫びを上げる中国人ファンたち。その後、2ショット撮影などでファンと触れ合った紗倉に話を聞いた。

「日本のファンと違ってすごくお触りが積極的。硬くなった股間を押しつけようとする人もいて(笑い)。でもすごい熱気で楽しかったです」

 日本のファンのことも忘れないで!

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス