• TOP
  • 芸能
  • フジ内のポストカトパン争い 永島アナ、山崎アナは低評価

芸能

2016.06.02 07:00  NEWSポストセブン

フジ内のポストカトパン争い 永島アナ、山崎アナは低評価

ポストカトパン争いの行方は

 カトパンこと加藤綾子アナウンサー(31)が4月30日付けでフジテレビを退職して1か月になるが、在籍中からたびたび話題に上がっていた“ポストカトパン”が誰になるのかはまだ見えてこない。一時は「女子アナといえばフジ」と言われるほど栄華を極めていた同社女子アナ軍団もかつてほどの勢いはなく、早急に新エースを立てたいに違いない。

 テレビウォッチャーでもある漫画家・カトリーヌあやこさんは、カトパンの魅力についてこう語る。

「加藤さんの何がすごかったのかというと、ルックスと立ち姿の美しさ、大舞台を仕切ることのできるハートの強さ、そして三宅正治アナ(53)や大物芸人などのおじさんたちを“転がす力”です。銀座のクラブでいえば、安藤優子さん(57)がママで、加藤さんはさながらチーママのような役割を果たしていました。

 他の女子アナはまだホステス止まりといったところでしょうか。ギラギラ感やブリブリ感が見えてしまうアナが少なくありません。女子アナになるくらいなので、もともとそういう資質を持っていて当たり前なのですが、それを表に出さずに抑えるスキルも重要です」(カトリーヌあやこさん、以下「」内同)

 元サッカー選手の永島昭浩氏を父に持つユミパンこと永島優美アナ(24)は、カトパンに代わって4月から『めざましテレビ』のMCを張っている。”正統な後継者“と言って差し支えなさそうなアナウンサーだ。しかし、カトリーヌさんはこう手厳しい。

「彼女は転がし力に欠けています。それに体育系の色が濃すぎますね。彼女はダンスが趣味で、番組やイベントでキレのあるダンスを披露していますが、躍動感がありすぎるのが難点です。エースアナにはしっとりさも求められます」

 山崎夕貴アナ(28)はどうか。彼女もまた、ポストカトパンとして名前が挙がる人物だ。

「パンツを7枚しか持っていない。部屋が汚い。本当のスッピンを晒してしまう。山崎さんはおもしろいエピソードに事欠かないのですが、これではおじさんを転がすどころか、自分が転がってしまっています。それが悪いというわけではありませんが、色気が少なく見えてしまいます。カトパンさんというより、高橋真麻さん(34)に近いタイプ。明石家さんまさんお気に入りの久代萌美アナ(26)も同様に、自分で転がってしまっています」

 4月から『スポーツLIFE HERO’S』の土曜MCに抜擢されたミヤパンこと宮澤智アナ(26)、朝の番組で活躍中のミカパンこと三上真奈アナ(27)らは、まるで野球選手を狙っているかのような、ギラギラ感やブリブリ感が見えてしまうのだという。
 
 難航するポストカトパン探しだが、カトパンの席が空いた分だけ、チャンスも増えるはず。彼女たちの今後の成長に期待できないだろうか。

「転がし力というのは生まれ持った才能なので、鍛えることができません。高島彩さんや加藤綾子さんにはもともと転がし力がありました。バラエティー番組でアナが芸人と共演することの多いフジのエースとしては、ニュースの原稿を読むスキルよりもそれが求められます。ニュースはママである安藤さんがやっているので、実はあまり求められないんです」

 これから数年はエース不在ということだろうか。それは少し寂しい気もするが、カトリーヌさんには気になる人物がいるという。

「めざましお天気キャスターの阿部華也子さん。彼女はまだ19才の学生なので今は天気予報を読んでいるだけですが、清楚な感じで派手派手しくない、いかにもおじさんが好きそうなルックスをしています。それだけのことなんですが、第一関門を突破しているというのは大きなポイント。古いアイドルみたいにマイクを両手持ちしているところもいいですね。フジテレビに入社するかどうかはわかりませんが、入ってくればおもしろいと思います」

 エース争いを制すのは誰か。

関連記事

トピックス