• TOP
  • スポーツ
  • 靭帯移植後のダルビッシュと松坂 フォームの違いが分岐点

スポーツ

2016.06.08 16:00  週刊ポスト

靭帯移植後のダルビッシュと松坂 フォームの違いが分岐点

手術から復帰したダルビッシュ

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有(29)は昨年3月に靭帯移植手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、5月28日(日本時間29日)にメジャー復帰した。ところが、レッドソックス在籍時の2011年6月に同じ手術を受けた松坂大輔(35)は、日本球界に復帰した今も満足に投球できずにいる。松坂は、「自己管理」が足りなかったと米紙レッドソックス担当記者が指摘する。

「リハビリでキャンプ地に現われた松坂の顔は丸く、体はパンパンだった。太る体質にもかかわらず、ジャンクフードを食べるなど自己管理ができない」

 手術後の「メンタル」も大きな要素となる。1983年にトミー・ジョン手術を受け復活を遂げた元プロ野球選手の村田兆治氏が言う。

「手術後は球数が多くなると腕が腫れあがった。投げていて、“もう一回靭帯が切れたらどうしよう”という不安は常にあった」

 松坂は復帰後、こんな苦悩を漏らしている。

「体の中に怖さが残っているというか、無意識にかばう状態を作ってしまう」

 一方のダルは、手術自体を前向きに捉え進化して見せた。

「フォームの違い」も両者の分岐点というのは、NHKのメジャー中継の解説者で知られる野球評論家の高橋直樹氏だ。

「上背と柔軟性があるダルは、全身をバランスよく使って投げられる。球種も豊富なため、手術前より余裕を持ったピッチングができていた。一方で上背のない松坂は急いで腕を振り、パワーのある速球を投げようとするため、上半身と下半身のバランスが崩れる。術前のようにパワーでねじ伏せるイメージが消えれば、松坂は復活できるかもしれない」

 2人に大きな差はあれど、ファンとしては2大エースの復帰を期待したい。

※週刊ポスト2016年6月17日号

関連記事

トピックス