• TOP
  • ライフ
  • 記者が実体験「80cc尿漏れパッドは綿菓子のような心地よさ」

ライフ

2016.06.12 07:00  女性セブン

記者が実体験「80cc尿漏れパッドは綿菓子のような心地よさ」

 女性セブンが、40~70代の女性400に「人に言えない体の悩み」についてアンケートを取ったところ、「尿漏れ」が1位にランクインした。複数回答可で25.5%が悩んでいると答えたのだ。飯島直子が登場する尿漏れパッド「ロリエさらピュア」のCMも話題だが、イメージとしては生理用ナプキンに似ているようにも思える…。そこで、花王サニタリー事業部の高尾いぶ樹さんに、生理用品と尿漏れパッドとの違いを聞いてみるとともに、実際に記者もつけてみた。

「生理用ナプキンと違って、尿漏れ専用シートは長時間つけることが多いので、肌への刺激を抑えた素材になっています」(高尾さん)

 女性セブン記者A子(40才)は、少し前から尿漏れを気にしていた。しかし尿漏れパッドをつけるという屈辱感に耐える勇気がなくずっと生理用品で代用。でも、それゆえの“おこぼし”はとても筆舌に尽くしがたいものだった。

 よし、ならば、ここからは体当たりだ。その吸水力試してやろうじゃないの、とトイレへ立った。目の前に並べたのは飯島直子のおスミ付きの『さらピュア』。いちばん少ない3ccから180ccまで全7サイズ、シーンに応じて使い分けられるようだ。

 まずは3ccから。長さ14cmで、難なくパンティーに収まる小ぶりさ。つけ心地は軽くていいものの、これは完全に「おりものシート」として使用すべきだろう。

 次に試したのは、20ccのもの。これも小ぶりだけどなかなかいい感じ。小走りした時や立ち上がった時などのちょい漏れには難なく対応できそうだ。

 けれど記者がいちばん気に入ったのは、80ccのもの。まるで綿菓子を当てているかのようなふわりとした心地よさ。その上頼もしいフィット感もある。いつもナプキンをつけて歩くときに感じる「ズレ」を感じない。なんだか、尿道をしっかりふさいでもらっているようで、つけ始めると不思議と尿意がスっとなくなる。

 もちろん、吸水性もバツグン。つけてることを忘れて、会議中に大笑いした弾みに股の間がじんわりあたたかくなった。「まずいかな…?」とトイレに駆け込んだけれど、左右のストッパーが湿るわけでもなく、シートのみでしっかり受け止めてくれていたのには感動の一言。

 生理2日目の「ヤバイ!」の時、羽根は無力で下着が汚れてしまうことは、誰しもが経験したことがあるハズ。そんなおこぼしは全くなく、おしっこ特有のにおいもほとんどしなかった。

 去年はムレとにおいが気になって映画館にも行けなかったけれど、今年はパッド一枚あればどこにだって行けちゃう! そんな明るい気分になった。

 悩んでいるのは、あなただけではない。早めに対策して、快適な生活を過ごそう。

※女性セブン2016年6月23日号

関連記事

トピックス