• TOP
  • ライフ
  • 最後は抜歯まで行き着く「銀歯治療」の負の連鎖

ライフ

2016.06.29 07:00  週刊ポスト

最後は抜歯まで行き着く「銀歯治療」の負の連鎖

銀歯治療の負の連鎖とは

 虫歯治療といえば、「銀歯」を思い浮かべる人も多いだろう。保険治療で使用されているため普及が進み、日本人の7割の口に銀歯が入っているという医療用品メーカーの調査結果もある。

 日本では長く「歯を削って銀歯を詰める」という虫歯治療がスタンダードとされてきた。しかし、実のところその銀歯治療が「歯を失う原因」になっていた実情があるのだ──。

「キィーン」という鋭い金属音。突然襲ってくる激しい痛みの予感。歯を削られる治療を好む患者はいないが、虫歯を治したい一心で我慢したものだった。だが、意外な事実を筆者は知った。

「日本の保険制度は、削って詰めないと保険点数が請求できません。だから小さな虫歯でも、歯科医はすぐに削る傾向があったし、痛む歯以外も診断して、あちこち“虫歯だから治療しましょう”と削っていました。

 ある程度の大きさ以上でないと、銀歯の素材加工が難しいので大きく歯を削りましたし、銀歯が外れないように歯を削る教育が重視されていました。実は虫歯の部分は削っても痛くないんです。健康な部分を削るから痛い。痛いのは“削る必要のない部分も削っている”からです」

 こう語るのは、世界的に名を知られる歯科分野のリーダー・田上順次博士(東京医科歯科大学・副学長)。

 さらに銀歯治療を繰り返すと、今度は神経を抜く治療になり、やがて抜歯という“終着駅”に着く。

「神経を抜く治療に際しては、歯に穴を開けてバイ菌を掃除しますが、この時に歯を大きく削ります。削るから歯が薄くなって、割れやすくなる。歯が割れたら、簡単には元に戻りません。削れば削るほど、歯の寿命が短くなるのです」(田上博士)

 田上博士の解説をもとに、銀歯治療の負の連鎖を整理すると、以下のような流れになる。

「銀歯治療」→「健康な歯まで大きく削る」→「歯の容積が減る」→「虫歯菌が歯根に到達」→「神経を抜く」→「歯の寿命が短くなる」→「抜歯」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス