芸能

「梨園の妻」の重責 200以上の演目にも精通する必要あり

「梨園の妻」の重圧とは?(小林麻央)

 市川海老蔵(38)は妻・小林麻央(33)の乳がん闘病を告白した会見で、昨年11月の長男・勸玄くん(3)の「初お目見え」の際、麻央が病院から歌舞伎座へと通っていたことを明かしながら、彼女の気概についてこう語った。

「覚悟を決めた上で向かったわけです」

 自らの命を削ってでも、お家の未来を占う一大事を見守る。それほど“梨園の妻”は重責を担っているのだ。二代目市川猿之助の甥で、歌舞伎研究家の喜熨斗勝氏が話す。

「歌舞伎の世界では『舞台は夫の職場、ロビーや客席は妻の仕事場』と言われている。妻は裏方に回り、体調管理、スケジュール管理はもちろん、ご贔屓筋の名前、顔、プロフィールも全部覚え、話を振られてもすぐ答えられるように200以上にわたる歌舞伎の演目にも精通していなくてはならない。またお家の伝統を守るために後継者も産まなければならない」

 350年の歴史ある「成田屋」こと市川宗家の妻として海老蔵を支え、お世継ぎも産んだ麻央は“梨園の妻”としての役割を十分果たしている。だが、そんな麻央も結婚(2010年)当初は“洗礼”を受けていた。

「麻央ちゃんはとても若い娘さんとは思えないような地味な水色の着物をよく着ていて、他の梨園妻たちから『ドラえもんみたい』と陰口を叩かれていた」(成田屋関係者)

 当時、周囲から麻央の“ライバル”とされていたのが、2009年に中村勘九郎(34)と結婚した前田愛(32)だ。

「同世代な上に“梨園入り”の時期も近い。一緒にロビーに立つと、先輩梨園妻やご贔屓筋からは『愛ちゃんの方が着こなしが綺麗』とか『愛ちゃんの方が堂々としている』と、何かと比較されていた。その影響からか、いまでも2人の関係はどことなくぎこちないと言う人もいます」(同前)

※週刊ポスト2016年7月8日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン