芸能

怒れる松居一代 前夫急逝で相続問題勃発、葬儀では騒動も

前夫が急逝し再び金銭闘争に

 松居一代(59才)の前夫で、DCブランド『P』の創業者であるAさん(享年60)の葬儀が、浄土宗大本山・増上寺で4月末に営まれた。参列者は40人ほど。喪主は、松居とAさんとの間に生まれた長男(27才)だった。

「三重県の伊勢志摩に旅行中、心筋梗塞で…。急死だったそうです。彼は松居さんと離婚後、内縁の妻がいたんですが、伊勢志摩にも一緒に行っており、ショックのあまり憔悴しきっていました」(Aさんの知人)

 この内縁の妻は、Aさんの葬儀で悲しみのどん底に突き落とされる。引き金を引いたのは、松居の言動だったという──。

 松居とAさんは1986年に結婚し、1989年に長男が生まれた。幸せの絶頂にいた松居だったが、直後から濁流のごとき人生が始まる。愛する息子は生後20日を過ぎた頃、全身が真っ赤にただれ、24時間激しいかゆみに襲われた。医師の診断結果は、「重度のアトピー性皮膚炎」。愛息の治療のために日夜病院を走り回る松居をさらに悪夢が襲う。Aさんの浮気が発覚したのだ。松居は、息子を連れて家を飛び出したが、試練は続いた。

「Aさんは多額の借金を抱えており、松居さんが連帯保証人にされていたんです。金額は1億7500万円。当時の彼女はストレスのあまり顔面神経麻痺と失語症になったほどです」(芸能関係者)

 6年にわたる泥沼離婚裁判を経て、1996年に松居とAさんは別れた。2001年に船越英一郎(55才)と再婚した後も夫に頼らずコツコツと借金返済を続け、完済したのは2007年のこと。足かけ17年という長き“債務者生活”を歩いた彼女だが、皮肉なことに現在、Aさんの死によって再び金銭闘争に身を投じている──。

 Aさんの葬儀で、松居はこんな行動に出たという。

「Aさんは十数年前にP社の経営権は譲渡しており、今は内縁の妻と一緒に画廊やショールームを手がける会社を経営していました。松居さんはその会社について“今後は息子が継ぐべき”と話し始めたんです。Aさんが亡くなった今、取締役は内縁の妻ひとり。そんな会社を息子に引き渡せと言うんですから、あまりに無神経すぎる」(参列者)

 葬儀の最中、松居の言動に耐え続けた内縁の妻だったが、張り詰めた糸は途中で切れた。

「フラフラとその場に倒れてしまったんです。無理もない話です。ただでさえAさんの死に打ちひしがれている所に、松居さんの発言ですから。後味の悪い葬儀でした」(別の参列者)

 息子の会社相続に息巻いていた松居だが、この時点ではまだ、Aさんの遺産の実態を知らなかった。P社の幹部社員が明かす。

「実はAさん、会社に対してかなりの借金を抱えていたんです」

 遺産相続は通常、預貯金や不動産、株式、投資信託など、負債も含めてすべての財産が相続人に引き継がれる。内縁の妻とは入籍していないので、法定相続人は松居の息子になる。

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン