ライフ

自宅のゴキブリ 人間が外から連れてくるケースが多い

自宅のゴキブリは外から連れてきていることが多い(PH:アフロ)

 女性セブン読者1465人を対象にアンケートをとったところ、「ゴキブリは年に数回見る程度」、「全く見ない」というかたが約5割を占めた。それならひと安心と思いきや、「遭遇しないのはたまたま。私たちが寝ている間に活動しているんです」と、ゴキブリ研究の第一人者・青木皐さん。寒い冬はおとなしくしていた“奴ら”も、気温が15℃を超え、暖かくなると活動を再開。さらに卵が孵化し始め…。

 ゴキブリを“見ない”のは、“いない”からではない、と前出の青木さんは力説する(「」内、以下同)。

「ゴキブリは夜行性。天敵の人間がいなくなってから、ひょっこり出てくるのです」

 そもそも、奴らはどこからやってくるのか?

「マンションの高層階だから安心と思ったら大間違い。窓から自力で入ってくるより、“人間が外から連れてくる”ケースが多い。例えば、買ってきた観葉植物には、鉢の底面や土などに卵や幼虫がくっついていることがあります。また、宅配便の段ボール箱や、私たちのかばんや服に潜んでやってくるのです」

 飲食店で、かばんをかごに入れたり、ジャケットをハンガーにかけておくことは、誰しもよくあるはずだ。その時に忍び込むのだという。幼虫の体長は5mm前後なので、なかなか気づけない。

 家に“住む”ゴキブリには大別してクロゴキブリとチャバネゴキブリがいる。前者は体長3cm前後、後者は1.5cm前後。約1cmの隙間があればどこにでも入り込める。チャバネゴキブリに至っては、わずか3mmの隙間さえ通り抜けられるという(ライオン調べ)。

 見事、家に入り込んだゴキブリは、人目につかないよう、狭い隙間をくぐり抜け、まず水回りに向かう。

「ゴキブリは湿気が大好き。まずは、流しやお風呂場など水気のある場所に行きます。そして水分補給をしたら、居心地のいい場所に移動し、身を潜めます」

 居心地のいい場所、それは、暗くて狭くて暖かい場所だ。

「狭い隙間なら、ゴキブリが嫌いな風に当たらない。ですから、テレビや電話といった家電の中や裏、段ボールは、彼らの理想的な“家”になります」

 さらに、住処を見つけると、集合フェロモンを出し、仲間を寄せ集めて群生する。

「みんなで体を寄せ合っていれば、保温・保湿効果が高い上、パートナーとの出会いがあり、出産もできますからね」

 奴らに出て行ってもらうには、風通しをよくすることが大切だ。

※女性セブン2016年7月21日号

関連キーワード

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン