• TOP
  • 芸能
  • 小林麻央の治療方針を巡り病院内で「内紛」発生し転院

芸能

2016.08.06 16:00  女性セブン

小林麻央の治療方針を巡り病院内で「内紛」発生し転院

 C病院は都心の一等地にある全国有数の医療機関。同院の医師らは麻央の病状を診て、真っ先に抗がん剤と外科手術を提案した。

「でも、麻央さんは海老蔵さんや家族と何度となく相談を重ね、“切らないで治す”方法を考えていたそうです。彼女はまだ34才。乳房を残したいという思いもあったのでしょう」(前出・病院関係者)

 現代医学の常識では、乳がんが見つかった場合、第一に外科手術が検討される。放射線やホルモン療法はその次の段階である。手術には、患部のみを切除して乳房そのものは温存する「部分切除」か、乳房全体を切除する「全摘出」がある。

「どちらを選ぶかは患部の場所やがんの進行具合で違いますが、いずれにせよC病院の判断は“早く切るべき”というものでした。しかし、中には麻央さんの考えに寄り添う医師もいた。“患者の意向を優先させるべきではないか”と」(前出・病院関係者)

 病院と一部の医師は対立。結果的に、C病院を辞めた医師もいたという。

「麻央さんもまた、この一件の後、転院することになりました。のちにC病院では、彼女側に立った医師の責任を問う事態にまで発展したそうです。“本来、切るように患者を説得するべき立場にもかかわらずそれを怠った”と」(前出・病院関係者)

 女性セブンは内紛騒動時、麻央についたとされる1人の医師に辿りついたが、当人は、「その件についてはお答えできません」と、話すのみだった。

※女性セブン2016年8月18・25日号

関連記事

トピックス