ライフ

インプラント治療権威が証言「残せる歯を抜いている実態も」

歯科業界の現状に警鐘を鳴らす小宮山彌太郎氏

 歯科医院の数がコンビニよりも多い(6万8000超)一方、診療報酬は低く抑えられ、多くの歯科医院が経営難に喘ぐ。

 その“救世主”となったのがインプラント治療だ。費用を独自に設定できる自由診療のインプラントに、歯科医が相次いで参入。技術や経験不足、そしてモラルを失った歯科医によるトラブルが続出している。

 日本のインプラント治療の先駆者で、多くの歯科医から尊敬を集める小宮山彌太郎氏(ブローネマルク・オッセオインテグレーション・センター院長)自身も、その実態を目の当たりにしてきた。

「残せる歯が抜かれ、インプラントにされた患者を現実に見てきました。それは医療ではありません。

 例えば、オールオンフォー(※注/片あご12本分の義歯を一体化して4本のインプラント=人工歯根で支える術式)をやっている歯科医の一部は、患者の歯より、インプラントのほうが長くもつとしているようですが、私は違うと思います。

 その方法(オールオンフォー)ありきで歯を抜くのではなく、歯科医は天然歯を残す方向を第一に考えるべきです」

 小宮山氏は、症例によっては無理に歯を残すと周りの組織が失われるケースもあるので、「一概に歯を抜くのが全て悪いとは言えない」とした上で、中には、許されざる強引な手法でインプラントに誘導する歯科医も存在するとした。

「歯を抜く時に麻酔をして、患者の承諾もなしに勝手にインプラントを埋めてしまう。そして、後でインプラントを埋めましたと告げる。

 もちろんそんな治療は望んでないから嫌だという患者もいる。その時はインプラントを撤去し、メーカーに『インプラントが脱落してしまった』と虚偽の報告書を出して新品と交換させるのです。そうやって、その歯科医はインプラントの患者を無理矢理に増やしている。そこまで地に落ちたということです」

 また、抜かずに済む歯をインプラントにされた患者も存在したという。

「奥から2番目の歯、第一大臼歯がなくて、ブリッジが入っていた患者です。ある歯科医が、古くなったという理由で、そのブリッジを外し、『左右の歯に、それぞれ独立したクラウン(被せ物)を入れて、真ん中はインプラントにしましょう』と勧めたそうです。

 その結果、手術に失敗して、私のところに紹介されてきました。もともとブリッジが入っていたのだから、常識的に考えて、もう一度型を取ってブリッジにするのが妥当ですが、この歯科医は(インプラントに)誘導したかったのでしょう」

●文/岩澤倫彦(ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2016年9月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン