• TOP
  • 特集
  • バーチャル女子と行為 最先端アダルトIT技術体験記

特集

2016.09.11 15:59  週刊ポスト

バーチャル女子と行為 最先端アダルトIT技術体験記

 台風の影響で雨が降り続いた8月27日、都内で開催された“性の祭典”は、ジメジメした空気を吹き飛ばす熱気に包まれていた。

「アダルトVRエキスポ2016」は世界最先端のVR技術とエロを融合させた、画期的なアダルトゲームやAV、アダルトグッズが集結した催しだ。VR(バーチャル・リアリティ)とは「仮想現実」のことで、簡単にいえば「実際にはないものを、あるように見せる技術」である。展示された数々の“発明品”の中でも、記者が実際に体験し、とりわけ興奮したものを紹介する。

 最初は『なないちゃんとあそぼ!』。「なないちゃん」という美女アニメキャラと“セックス”ができるアダルトゲームだ。別売のゴーグルを着用し、スマホをダッチワイフに固定すると、スマホがダッチワイフの動きを検知してゴーグル内に映し出されたなないちゃんも動き出す(販売・VRJCC、ソフトのみ税抜3000円。ゴーグル、ダッチワイフ、スマホは別売)。

 なないちゃんはショートヘアの美女で、服装は「セーラー服」「パンツのみ」「全裸」などから選択できる。最初から全裸で向き合ってもいいし、ミニスカートを降ろすと……というリアルなシチュエーションも可能だ。

 体位は正常位、騎乗位、後背位の3パターン。正常位で腰を振れば、ベッドに仰向けになったなないちゃんが喘ぎ、騎乗位なら、自分にまたがるなないちゃんの巨乳が揺れる。まるで現実の女の子とセックスしているような臨場感を味わえる。

関連記事

トピックス