芸能

松坂桃李と高岡早紀 韓国料理店での濃密会話一部始終

急接近している松坂と高岡

 松坂桃李(27才)と高岡早紀(43才)が出演した舞台『娼年』が9月15日、大好評のなか幕を閉じた。激しいベッドシーンもありR15指定になるなど、スキャンダラスな話題も振りまいたが、その裏側では松坂と高岡が急接近していたという──。

 東京公演初日の1週間前。舞台の稽古も大詰めを迎えていたある夜、ふたりは都内の繁華街から1本入った路地裏にひっそりと佇む、韓国料理店にいた。ここは高岡の行きつけの店。店員が「いつも同じ注文ねぇ」と高岡に話しかける。

高岡「そうなのよー。じゃあ今日は別のものにしようか」
松坂「ハイボールで」
高岡「私もそうしよっと。何食べる?」
松坂「う~ん、チヂミかな」
高岡「私も同じこと思ってた」

 白いTシャツ姿で少し長めの前髪を流した彼を見つめながら、高岡の笑顔がはじける。

高岡「今の私大丈夫? スッピンだから恥ずかしい」

 両手で顔を覆い隠すそぶりを見せる高岡に、松坂は笑顔を返す。

高岡「楽しい? 私は楽しい。今日ご飯食べるの楽しみにしてたよ」
松坂「楽しいよ、もちろん」
高岡「早い者勝ち。こういうのって言ったもの勝ちよ!」

 自然体で会話する高岡に、はじめは周囲の客を警戒している様子だった松坂の口数も徐々に増えていく。

松坂「相手の女優さんを素敵にさせてあげるのが、俳優の仕事だって思うんだよね」
高岡「それは基本だよね。とても大変なことだけど」
松坂「相手役を輝かせて、どうきれいに見せてあげるか。それを本気で考えている人に勝る人はいない」

 俳優としての理想像を熱く語る松坂。にわかにまっすぐな視線を高岡に送る。

松坂「その点、俺らって信頼しあってお芝居できてるよ」
高岡「うん、できてる。できてるよ!」

 声を弾ませる高岡。敬語とタメ口が交ざり合い、16才の年の差が少しずつ消えていく。会話とお酒は進む。

松坂「そこにホクロあるよね」
高岡「いやらしいところにあるでしょ? 背中はないのよ。背中は、ね?」
松坂「もう1回」

 松坂のリクエストに、高岡はもう一度しっとりとした素肌の背中を見せつける。

松坂「俺もね、あるよ」
高岡「腰にでしょ? あれは今日気づいたんだけど」

 舞台で互いの体を確かめあったふたりにしかわからない会話が続く。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン