• TOP
  • 特集
  • パパ活女子大生と交際男「1晩のお小遣いは1万円で十分」

特集

2016.09.21 15:59  週刊ポスト

パパ活女子大生と交際男「1晩のお小遣いは1万円で十分」

 最近、少額のお小遣い目当てに年上男性と交際する“パパ活”なる言葉が誕生した。その多くは20代女性で、彼女たちは年上男性の包容力に憧れていることもあり、多額の金銭を要求しない。パパ活女子大生と交際中の会社員・村部悟氏(仮名・51)が言う。

「最近の若い子は高級ブランド品にも興味が無いし、食事もファミレスより少し高いだけのレストランで喜んでくれる。一晩のお小遣いも1万円で十分。それでいてエッチは献身的だから仕込み甲斐もある」

 このように“対価”は女性の価値観や金銭感覚による。35歳の主婦と一晩5000円で関係を持ったという会社員・伊藤智史さん(仮名・49)が証言する。

「東京・足立区に住む女性とSNSを介して知り合いました。元TBSの雨宮塔子アナに似た彼女はお金に困っていると言い、“あなたに頼みがあるの。ホテル代込みで1万円で私とエッチしませんか?”と提案をしてきた。ホテル代が4980円なので、実質5000円です。“お金だけが目的じゃない。気持ち良くしてほしい”という彼女は1時間で3回も求めてきた。何度も“イク、イク”と絶叫する彼女は、心の底からセックスを楽しんでいました」

※週刊ポスト2016年9月30日号

関連記事

トピックス