• TOP
  • 特集
  • SOD覆面調査団座談会 最高の体験ながら低評価、苦渋の決断

特集

2016.09.23 15:59  週刊ポスト

SOD覆面調査団座談会 最高の体験ながら低評価、苦渋の決断

 風俗情報サイトは山ほどあるが、その中で「別格の信頼感がある」といわれているサイトが存在する。業界最大手のアダルトコンテンツ流通業者・SOD(ソフト・オン・デマンド)が運営する「kaku-butsu(カクブツ)」だ。

 最大の特徴は風俗店にSODが選抜した覆面調査団員を派遣し、ルックス、テクニック、接客姿勢などの緻密なレビューを掲載している点だ。団員になるには、自腹で風俗に行って書いたレポートと面接でふるいにかけられ、「競争率は150倍近い」(SOD担当者)というが、今回、そんな最難関を突破した4人のベテラン調査団員に集まってもらい、最近風俗はご無沙汰になってしまった60歳以上の男性でも楽しめる「至極の風俗店」について語り合ってもらった。

 熟女系を専門に月2店ほど訪れるA氏(54歳・エンジニア)、M性感以外のすべてのジャンルに精通し、月6店ほど調査するB氏(44歳・電気メーカー営業マン)、オールジャンルで週に2店は通うというC氏(35歳・会社役員)、週1回ペースで「ニューハーフ以外はOK」というD氏(31歳・会社員)である。

A「まだ行ったことのない人に、ぜひ1度経験してみてほしいのが、素人系のお店ですね。なかでもシニアにおすすめなのが、池袋のデリヘル『M』」

C「『M』に行って話だけするっていうシニアもいるほどですからね。それだけ性格が良い子が多い」

B「僕は『M』で、20歳で処女という女性を体験しましたよ。“指入れ禁止”で、テクニックも微妙なんだけど、その初々しさがすごく良かった!」

D「『M』のTちゃんだね。彼女の噂は聞いてます」

B「芸能人でいうとAKB48の柏木由紀似で、店の情報ではバスト84のCカップだったけど、スレンダーな分おっぱいが際立って、実際に見たらDカップくらいはあるんじゃないかっていうほど迫力がある。珍しく、写真より良かった(笑い)。

 目の前で恥じらいながら脱いでくれたけど、乳首がきれいなピンク色で感動しました。フレンチキスから始まって、全身をフェザータッチで愛撫していくと、彼女は恥じらいながら、声を押し殺すように、控えめな喘ぎ声をあげる。若かりし日の恋人とのエッチを思い出しましたね。もちろん僕の彼女はTちゃんほどスタイルは良くなかったけど」

関連記事

トピックス