• TOP
  • 特集
  • 美女医も注目の新スポット「CUVコンプレックス」とは

特集

2016.10.03 15:59  週刊ポスト

美女医も注目の新スポット「CUVコンプレックス」とは

 女性の“新たな性感帯”が発見され、医学界の注目を浴びている。ローマ大学トルベルガータ校のエマヌエーレ・ジャンニーニ教授が2014年末、科学雑誌『ネイチャー』の関連誌『ネイチャー・レビューズ・ウロロジー』に発表した論文で明らかにした「CUVコンプレックス」だ。これは陰核(Clitoris)、尿道(Urethra)、膣口(Vagina)の3つを合わせて“1つの性感帯”だとみなす考え方である。

 それぞれが性感帯として知られているのに、なぜ“新たな性感帯”なのか。咲江レディスクリニック院長の丹羽咲江・医師の解説。

「クリトリスや膣口を個別にそこばかり刺激すると、女性は痛がったり、快感が得られなかったりすることが多い。しかし、ジャンニーニ教授が『3つの性感帯への刺激のバランスがより良い快感を生み出す』ということを発見し、『CUVコンプレックス』が生まれた」

 この新性感帯によって、女性はどれほどの快楽を得られるのか。AV女優の朝宮涼子が実体験を語る。

「それぞれを個別に刺激されても気持ちいいんですけど、この3点をバランス良く攻められたら、“潮吹き直前”のような独特の気持ち良さがありますね。なるべく同時に、優しく刺激するのがコツです。

 愛撫だけでなく、ペニスの挿入でも可能です。浅く突いたり、深く突いたり、膣内にまんべんなく押しつけるようにピストンされると、膣内だけでなくクリトリスや尿道も刺激されて気持ちいい。すぐイッちゃいますね」

 今晩から試してみると、パートナーからの評価が変わるかもしれない。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス