• TOP
  • 特集
  • 「1回100万円」で年間1億円稼ぐプレミアム嬢の正体

特集

2016.10.05 15:59  週刊ポスト

「1回100万円」で年間1億円稼ぐプレミアム嬢の正体

 タレント・坂口杏里のAVデビューが話題となったが、それ以上に世間を驚かせたのが「出演料1億円」ともいわれる巨額のマネーの存在だ。華やかなAV業界の裏に隠れがちだが、実は風俗業界にも、年間1億円を稼ぎ出す“凄腕”風俗嬢が存在するという。

 どんなルックスとサービスの持ち主なのか。元カリスマソープ嬢の愛花氏に人気風俗嬢の条件を聞いた。

「吉原などの高級店の人気嬢は年間で5000万円ほど稼ぎます。これだけ稼ぐには、痒いところに“手が届きすぎる”細やかな気遣いが必要になります」

 だが、そうしたプロの技をもってしても「1億円の壁は高く、大台に到達するのはさらに“特殊なケース”になる」(愛花氏)という。

 それが「プレミアム風俗嬢」だ。彼女たちは1回で桁違いの額を稼ぎ出す。都内にある高級デリヘル店のオーナーが明かす。

「ウチの店では、普通なら人気の女の子でも2時間で高くて8万円くらい。ですが、実は、『要相談』という子がごく少数いる。プレミアムな価値を持つ子です。その価値とは、技術ではなく『肩書き』のことで、単体のAV女優や現役アイドルです。名前は言えませんが、聞いたらきっと驚かれますよ」

 常連客を中心に希望者を募り、金額の折り合いがつけば、守秘義務の契約を結ぶという。

「最も高額だったのは、120分で約100万円で、某国民的アイドルグループの元メンバーでした」(同前)

 高額でオファーの絶対数は少ないため、色々な店に重複登録している人が多いという。

「1回85万~100万円の子であれば、掛け持ちすれば、月に1000万円オーバー。年間1億円近く稼ぐ子も何人かはいるでしょう」(同前)

 知らないところに、めくるめく世界があるのだ。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

関連記事

トピックス