• TOP
  • 特集
  • 鶯谷の80代の嬢 大事なのは容姿ではなく気配りと機転

特集

2016.10.09 15:59  週刊ポスト

鶯谷の80代の嬢 大事なのは容姿ではなく気配りと機転

 東京・鶯谷に82歳の現役風俗嬢がいる──。約5年前、伝説の風俗嬢としてメディアにも取り上げられた。そんな彼女はいま、どうしているのか。

「まだ現役ですよ。今でも鶯谷の風俗店で活躍しています」(風俗店スタッフ)

 本誌記者は、再び鶯谷へと向かった。店は高級熟女店を謳うデリヘル「Q」。ホームページを見ると、確かに5年前の82歳から5つ年齢を重ねた87歳のA子さんの写真が。

 平日夕方、店に電話すると「今日はもう退勤しました。高齢なので朝は早いんですが、夕方前には退勤してしまう」とのこと。改めて翌朝に電話すると「A子さんは今日お休みですが、80代の女性は他にも在籍していますので、本日最高齢の者を派遣します」という。ラブホテルで待つと、84歳のBさんが現われた。

 Bさんは部屋に入るなり、正座して床に手をつき「今日はありがとうございます」と丁寧に一礼。八千草薫似で、顔にシワは深く刻まれているものの、白い肌のハリやツヤはかなりのもの。聞けば毎朝5時に起きて健康体操をし、サプリメントも摂っているという。「いま注目しているのはプラセンタですね」と、しばし健康トークに花が咲く。

 いよいよプレイの流れとなるが、服を脱いでも、Cカップほどの胸の弾力や腰の締まりはまったく84歳のそれではない。

「では、添わせていただきます」

 何とも古風な“言葉”とともにベッドイン。Bさんは、こちらの全身を丁寧に舐め回したあと、得意技という濃厚なフェラに移る。アソコを奥までしっかりと咥えられると、強烈に吸い込む──。予想外にハードなバキュームぶりに悶絶しそうになると、今度は一転して優しい舌使い。小刻みになめ回すなど、緩急つけた老獪なテクで、すぐにフィニッシュしてしまった。口の中で果ててしまったのだが、Bさんは「あらあら」と笑いながら、すべてを受け入れてくれた。

 鶯谷でのキャリアは10年を超えるBさん。「風俗は若さや容姿ではなく、気配り、機転」と語るように、その母性すら感じさせる包容力には惚れ惚れする。

「鶯谷最高齢といわれるA子さんと一緒に、健康に気を付けながら、まだまだ現役で頑張ります」(Bさん)

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

関連記事

トピックス