• TOP
  • 国内
  • 女性暴行東大生「みんな死ねばいいのに」発言の真意を直撃

国内

2016.11.08 16:00  週刊ポスト

女性暴行東大生「みんな死ねばいいのに」発言の真意を直撃

ツイッターでの「暴言」の真意を直撃

〈執行猶予なろうがなんも良くねえんだよなあ〉
〈あーもうみんな死ねばいいのに〉

 5月10日、女子大生への強制わいせつや暴行の容疑で東大生5人が逮捕された。5人のうち2人は示談が成立し不起訴処分、残りの3人には執行猶予付きの有罪判決が出ている。

 しかし、この判決に対して不満を持っているメンバーもいるようだ。それが先の発言主である。

 これは、主犯格の一人である東大4年のAが有罪判決を受けた直後に、友人だけが閲覧できる非公開アカウントのツイッターで呟いたものだ。大学の同級生の証言。

「A君から直接教えてもらったアカウントで呟かれていました。ほかにも、友人からの『執行猶予でよかったな』というツイートに対し、『めでたくないけどありがとう』といった発言や、『B(有罪判決を受けた3人のうちのひとり)の3/4の刑罪をかぶってゆく』と、さも“自分は悪くない”と抗弁するかのような発言もありました」

 このツイッターからはAが全く反省していないことがうかがえる。

◆「何も話すな」といわれているので……

 都内の閑静な住宅街。帰宅するAに直撃を試みると、こちらの気配を察知したのか、彼は逃げるようにUターンし、その場を去ろうとする。

 本誌記者が後を追うとAは突然、一般住宅のガレージの中に逃げ込んだ。記者は外で待っていたが、いつまでたっても出てこない。どうやら塀を乗り越えて逃げたようだ。

 それから2時間後、自宅マンション前に再び姿を現わしたAにようやく話を聞くことができた。

「Aさんですよね?」と声をかけると、驚いた様子で、目を逸らしながら「はい、そうですけど、何ですか?」と答えた。

──執行猶予付きの判決となりました。被害者への気持ちを聞かせてください。

「弁護士を通してもらえますか? 弁護士に『何も話すな』といわれてるので……」

──被害者への言葉は何かありませんか。

「……(無言)」

──ツイッター上で、反省していないととられる発言をしているようですが。

「よくいわれるんですけど、それ僕じゃないです。違う人ですよ」

 動揺の色を隠せないAは、それ以上答えることなく、マンションへと消えた。反省の色の見えない言動に被害者は何を思うか。

※週刊ポスト2016年11月18日号

関連記事

トピックス