• TOP
  • 特集
  • 指原莉乃も指摘 「20デニール女子」は本当に落とせる?

特集

2016.11.09 15:59  週刊ポスト

指原莉乃も指摘 「20デニール女子」は本当に落とせる?

 女性たちが「ナマ脚」から「タイツ」へと穿き代わる季節。こんなタイツにまつわる“新説”をご存じだろうか。

 発端は人気番組『アリよりのアリ~理想の男女をビジュアル化~』(TBS系)での、HKT48の指原莉乃(23)の「“20デニールのオンナ”はエロい!」という発言だった。「デニール」とはタイツの厚さを表わす単位で、数字が小さくなるほど生地は薄くなる。指原は「(最も薄い)10デニールはエロすぎ」で下品に見えるため、「頭が良くて、本当はエロい女は“20デニール”なんです」と力説したのだ。

 果たして、この「“20デニール”女はエロい」理論は本当なのか。本誌はお馴染みとなった「セックス女子会」を緊急開催した。

 今回の参加者はファッション事情に詳しいラジオ局勤務のAさん(36)。二谷友里恵似の専業主婦・Bさん(41)は「タイツは必ず百貨店で買う」というセレブマダム。杉本彩似のエステティシャン・Cさん(43)は、「美脚」に関する著書もある“脚で魅せる”美熟女だ。

A:さっしー(指原)の意見には激しく同意です!

B:たしかに。“20デニール”は脚が一番きれいに見える薄さ。何より最強にセクシーです。

C:実はナマ脚よりエロいよね。男性の視線をより感じます。「透けてる感」がそそるのかな。ナンパ遭遇率も高い気がする。

A:「薄めタイツ」のエロさに気付いたのは社会人になってから。その“効果”を理解してからは、ちょっとムラムラするような日は薄いタイツを穿いていきます。男の視線が気持ちいいし、ラジオ局の廊下とかで知らない人からよく声をかけられるようになった。

B:分かる! 結婚した今でも、同窓会や意中の男性が参加する勝負のかかった飲み会には、透け感のあるものを穿いていきます。以前、同窓会で5年振りに再会した元彼に誘われてしちゃったことも……。

C:それは効果テキメンじゃない(笑い)。“タイツプレイ”もなかなかイイよ。パートナーに「下は何も着けないで薄いタイツだけ履いて」と頼まれたの。薄手のタイツ越しにアソコをイジられると、直に触れられるのとも、ショーツの上からとも違う、生地のザラザラした感覚がたまらない。すぐに濡れちゃって、手だけでイッちゃった。

A:デートに女子が薄いタイツで来たら、「今夜はOK」の合図かも。殿方には積極的に誘ってきてほしいですね。

※週刊ポスト2016年11月18日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス