• TOP
  • スポーツ
  • 10代実力派女子ゴルファーの「名前」がかなり読みづらい

スポーツ

2016.11.13 07:00  週刊ポスト

10代実力派女子ゴルファーの「名前」がかなり読みづらい

◆由来は「NASA」

 今年、アマチュアとして史上初めて日本女子オープンを制したのが17歳の畑岡奈紗だ。名前の読みは「なさ」である。

「アメリカ航空宇宙局『NASA』から名付けたそうです。両親は、“前人未到のことを成し遂げ、世界で活躍してほしい”との願いを込めたといいます。世界に照準を合わせると日本では馴染みのない名前になる……ということでしょうか」(別のゴルフ記者)

 日本女子OPで活躍したアマチュア選手は他に6位タイの西村優菜(ゆな、16)、25位タイの佐渡山理莉(りり、16)、49位タイの吉本ここね(16)などがいる。予選落ち組に目を転じると、河野杏奈(あんな、17)、瀬賀百花(ももか、17)、山口すず夏(すずか、16)、関野愛美(あみ、18)あたりは読みやすいほうで、小滝水音(みお、18)、宮田成華(なるは、19)となってくるとかなりの“難読”である。

 そんな名前ばかりなので、最近では試合後の取材で記者たちがその由来を聞くのが恒例となっているという。

「日本女子OPで3日目に首位に立ったのは2000年生まれの長野未祈(15)ですが、『みき』ではなく『みのり』と読みます。由来は“未来を祈る”とのこと。『なさ』も『みのり』も、中嶋常幸が指導するヒルズゴルフ・トミーアカデミーに在籍し、実力は確かです」(同前)

 日本女子OPはその名の通り女子ゴルファー日本一を競うメジャー大会だから、トップ争いに絡む彼女たちが「最強世代」と評されるのもうなずけるが、記者泣かせの存在でもある。

「会場のプレスルームで記事を書いていても、パソコンが一回で正しく変換してくれることはまずない。

 あと、呼び掛ける時も気を遣う。これまでジュニアは下の名前で“××ちゃん”と呼んで親近感を出すのが業界の慣例でしたが、読み方を間違えると気まずくなるので、最近は名字で“○○さん”と呼ぶようになった」(専門誌記者)

※週刊ポスト2016年11月18日号

関連記事

トピックス