芸能

加藤綾子アナが語った「幼少期の苦悩」と「支えてくれた母」

初の著書を発売するカトパン 

 きれいで、スタイルも抜群。モテて、性格がよくスタッフから仕事の評判も最上級という、まさに才色兼備で女性が憧れる女子アナ代表といわれてきたカトパンこと加藤綾子アナ(31才)が初めての著書『あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉』を11月18日に発売する。「すべてを持っている女性」と羨む声があがるなか、彼女が明かしたその半生は意外にも苦労の連続だった。

「私、幸せのハードルが低いんです」。この言葉こそ彼女を表す一言かもしれない。ぐっすりと眠れるだけで、メイクができるだけで、好きな食事を口にするだけで、「ものすごく幸せな気分になるんです」。加藤アナは言う。

「子供の頃に毎日体のどこかに違和感があったり、気持ちが沈んだりという経験をしてきた分、日常の些細なことにも大きな幸福を感じることができるようになったんです。鏡を見るのがつらかったからこそ、今、朝起きて鏡を見て笑えるだけで幸せだなぁって思います。そういった多くの人にとっては当たり前のようなことでも、私にとっては『特別に嬉しい』こと。そう考えてみると、私は『幸せのハードル』がとても低いことに気づきました。だから、どんな毎日でも楽しいと思えるし、笑顔でいられるんだな、って」(以下、「」内加藤アナ)

 今年5月、8年と1か月勤めたフジテレビを退社。フリーとしての新たなスタートを切った。

「ずっと朝型の生活でしたから、今は夜更かしをして、朝寝坊したり。それだけでドキドキの毎日です(笑い)。フリーという立場になって、これからどんな挑戦をしていけるかなと思っています。今回、本を出させていただくのも大きな挑戦の一つでした。今までは会社員という立場もあり、自分の話をするというのは苦手だったんです。情報を中立にお伝えするという仕事柄もあったと思います。

 でも、自分の思いを自分の言葉で伝えなければと思うようになりました。お話しすることで自分も成長したい。そしておこがましいですが、少しでもみなさんを元気にするお手伝いができれば嬉しい。そうして思い切って本を書いてみることにしました。書くからには、つらい経験も避けて通るわけにはいきませんでした。私なりに思いを詰め込んだつもりです」

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン