芸能

「べっぴんさん」なぜ最速ペースから「最遅」に変わった?

最速ペースで進んでいった『べっぴんさん』だったが…(公式HPより)

 毎回、視聴率20%前後を記録し人気の連続テレビ小説『べっぴんさん』。芳根京子演じるヒロイン・すみれが、戦後の神戸、大阪を舞台に、母親や子供たちのために子供服作りに奮闘する姿を描くストーリー。放送が始まった当初は、前作『とと姉ちゃん』と比べて、展開の速さが注目を集めたが、最近ではペースが変化している。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその背景に迫る。 

 * * *
 第1週が終わる前にヒロイン・すみれ(芳根京子)の母・はな(菅野美穂)が亡くなって、子役パートもあっさり終了。第2週には、初恋と失恋、姉・ゆり(蓮佛美沙子)の結婚、幼なじみ・紀夫(永山絢斗)との結婚、妊娠と夫の出征、出産、終戦という多くの見せ場が各1話で描かれるなど、「朝ドラ最速」と言えるスピーディーな展開でした。

 また、今後一緒に店を開く仲間とのエピソードをほとんど入れなかったため、視聴者がヒロインに感情移入できず、「展開が速すぎて気持ちがついていかない」という声が続出。「今回の朝ドラは大丈夫か?」という不安から視聴率も下がり、朝ドラでは3作ぶりに20%を下回ってしまいました。

 私自身、「26週もの長期に渡る朝ドラで、最速ペースは必要?」「視聴者がヒロインへの愛着を養うパートを早々に切り上げるのはもったいない」と心配しましたが、第3週から徐々にペースダウン。戦争で多くのものを失いながらも、手作り雑貨を売りはじめ、手芸教室を開くまでの姿を描き、第4週では、友人の良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)と再会してベビードレスを作り、『あさや靴店』の一角で店を開く様子がじっくりと描かれました。

 第5~6週では、良子と君枝の夫が帰還していったんは店を離れながらも、時間をかけてテーブルクロスを完成。第7週では、紀夫の両親から再婚を勧められてショックを受け、栄輔(松下優也)の存在が大きくなりながらも、感動の再会を果たすまでの心の機微が丁寧に描かれました。

 最速ペースから、「時間をかけて1枚の服やテーブルクロスを作る」「夫がなかなか帰ってこない」などのスローな展開に一変した理由は、すみれの控えめな人柄。芳根さん自身、「『言えない』のではなく、『言わない』だけで、心の中に強い思いを秘めている」、制作統括の三鬼一希さんも「決して先頭に立ってリードするような女性ではない」と話しているように、すみれのセリフはヒロインにしては少なく、その分表情や仕草をしっかり見せることで感情表現しているのです。

 その意味で称えられるべきは、演出の素晴らしさ。芳根さんは「脚本にないシーンでも感極まって涙を流すことも多い」豊かな感受性の持ち主ですが、その類まれな魅力を生かすべく“セリフに頼らない演技”を優先させ、スローな世界観を作り上げているのでしょう。

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト