ライフ

抗うつ剤服用の高齢者 せん妄による転倒事故多数報告

抗うつ剤にも様々なリスクが

 高齢者医療を研究する日本老年医学会などが11月17日、「高齢者が気を付けたい多すぎる薬と副作用」と題したパンフレットを公開した。

 昨年12月に発表された医療従事者向けの「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」から、薬との付き合い方や“高齢者で特に慎重な投与を要する薬物リスト”などを一般向けに改めて公開したものだ。

 リストの中には「飲んでも意味のない薬」もある。イシハラクリニック院長の石原結實氏の解説だ。

「睡眠薬と抗精神病薬は一緒に処方されることが多いですが、どちらも長年服用を続けると脳の血流を滞らせ、認知機能の低下を招くなどの副作用が出るおそれがあります。特に睡眠薬は、そもそも高齢者が服用する意味がどれほどあるのか疑問です。

 60歳を過ぎれば、夜は4時間半ほど眠れば充分。日中に1時間程度でも昼寝を取れば、理想に近い睡眠といえます。60歳を超えると睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌が極端に少なくなるため、年とともに眠る時間が短くなるのは自然な現象なのです」

 抗うつ薬も認知機能の低下や幻覚、せん妄などの副作用があり、高齢者の場合、せん妄による転倒事故が数多く報告されている。

 脳梗塞や心筋梗塞の治療に使われる抗血栓薬は血栓(血の塊)を防ぎ血液をサラサラにする効果がある半面、止血作用も弱めるため、胃潰瘍や消化器官の出血といった副作用を起こしやすい。血管の衰えた高齢者だと、副作用として脳出血を引き起こすケースもあるというから注意が必要だ。江戸川病院院長の加藤正二郎氏が言う。

「心筋梗塞に繋がる狭心症や不整脈の治療に使われる薬『プロプラノロール』はベータ受容体遮断薬とも呼ばれ、心拍を抑え、心臓を休ませる作用がありますが、心肺機能の弱まった高齢者が服用すると、脈が遅くなり過ぎたり、心不全などの副作用が出やすくなります」

※週刊ポスト2016年12月16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン