• TOP
  • 特集
  • 憧れの相手と密着交流も 「女優オフ会」の大興奮内容

特集

2016.12.09 15:59  週刊ポスト

憧れの相手と密着交流も 「女優オフ会」の大興奮内容

「会いに行けるアイドル」として一躍国民的グループへと成長したAKB48。しかし、今や会いに行けるのはアイドルだけではない。「AV女優に会えるオフ会」が全国各地で開催されているのだ。

 オフ会は「ネット上で知り合った人物同士が現実世界で直接顔を合わせる催し」だが、近年、AV業界でも女優とファンが間近で交流するオフ会が盛んだ。写真撮影やゲームはもちろん、中には一緒にカラオケができるようなものまで内容はさまざまである。月に20件以上のオフ会が全国各地で開催されており、インターネットやチケット販売会社から簡単に参加申し込みができる。

 早速、本誌記者もオフ会に潜入。今回の“会えるAV女優”は、青井いちご。華奢な身体とBカップの形のいいおっぱいで人気を博し、出演作は100を超える。会場は都内のバーで、会費は8500円(ワンドリンク込)。スーツを着た30代サラリーマンから60代のシニアまで、参加者は様々だ。

 開始とともに青井がふんわりとした白いワンピース姿で現れた。マイク片手に「みんな、今日は楽しんでいってね!」と会場を盛り上げる。いきなりオフ会の目玉である撮影タイムが始まった。会場のファンは総立ち。すさまじいシャッター音が鳴り響き、青井も満面の笑みを振りまく。

 ここから青井の出血大サービスが始まる。いきなりワンピースをめくり上げると純白のパンティーが露わになり、会場に「おぉ!」とどよめきが起きた。それだけでは終わらない。なんとパンティーの端を持ち上げて、股間に食い込ませたのである。きわどい下半身を前にファンはむしゃぶりつくようにシャッターを切りまくる。2度の衣装チェンジがあり、セーラー服姿とゴスロリ風ドレス姿も撮影できるというサービスぶりだ。

 撮影と同じぐらい、ファンを喜ばせたのがゲームコーナーだ。ファンはクジを引き、そこに書いてある“指令”を青井が実行してくれるというもの。耳元で息を吹きかけてもらったり、お姫様だっこをする権利を得たりと、ファンにとってはたまらないサービスばかり。

 記者は、10秒間青井の頭を撫でさせてもらえることになった。サラサラのきれいな黒髪を撫でると、悩まし気な視線で見つめてくる。しかもシャンプーの、甘い、いい匂いがする。これこそAVでは味わえない、オフ会の醍醐味だろう。

 あっという間に2時間が過ぎ、大盛況のうちにオフ会は終了。

「今日は女優としての私ではなく、素の自分として楽しめました。みなさんにも楽しんでいただけたようでよかったです」(青井)

 本人と楽しい時間を過ごせば、その後家に帰ってみるAVの興奮もひとしお。AV女優にも、ファンにもありがたいイベントなのだ。

※週刊ポスト2016年12月16日号

関連記事

トピックス