芸能

高畑淳子、実家を売却し息子・裕太の違約金返済へ

息子の巨額な違約金を返済するために…

 都心の一等地、40坪を超える土地に2億円の豪邸が建った。コンクリート打ちっ放しの外壁と白い塗り壁がモダンな雰囲気を醸し出す。まだ人は住んでいないが、時折電気がつき、荷物を運び入れるような人影が見える。高畑淳子(62才)はこの新居で、長男・裕太(23才)と新年を迎えるつもりだという。

 裕太が40代ホテル従業員女性への強姦致傷容疑で逮捕されてから4か月。被害者女性との間で示談が成立し、示談金は1000万円超とも報じられたが、ドラマやバラエティーなど、今回の事件で裕太が負った仕事上の違約金はさらに巨額だ。

「ゆうに1億円を超えるといわれています。淳子さん自身のCMも放送中止に追い込まれていますから」(高畑を知る芸能関係者)

 1月18日には、事件以降休んでいたレギュラー番組『スタジオパークからこんにちは』(NHK)に復帰。

「非難もありますが、なりふり構っていられない。2017年も舞台を中心に仕事をめいっぱい詰め込もうとしています」(別の芸能関係者)

 東京・練馬区の一角にある一戸建て、高畑の実家も2か月ほど前から売りに出されている。

「夏に高齢のお母様を施設に入れて、空き家になっていました。彼女も昔住んでいた思い出の地なので寂しい気もあると思いますが、売り出しを決めた。売ったお金は全額、息子さんの件で発生した違約金の返済に当てるそうです」(前出・高畑を知る芸能関係者)

 実家は30坪の2階建て。3000万円ほどで売却物件に出されているが、いまだ買い手はついていないという。裕太は9月9日の釈放以降、一度も姿を見せていない。

「埼玉にある精神科病院に入院していましたが、今は母と姉のこと美さん(30才)が暮らす自宅に戻り、引きこもり生活を送っているそうです。入院費用も生活費も全て淳子さんが出しています。結局、頼れる人は家族しかいなかったんです」(前出・高畑を知る芸能関係者)

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン