芸能

高畑淳子、実家を売却し息子・裕太の違約金返済へ

息子の巨額な違約金を返済するために…

 都心の一等地、40坪を超える土地に2億円の豪邸が建った。コンクリート打ちっ放しの外壁と白い塗り壁がモダンな雰囲気を醸し出す。まだ人は住んでいないが、時折電気がつき、荷物を運び入れるような人影が見える。高畑淳子(62才)はこの新居で、長男・裕太(23才)と新年を迎えるつもりだという。

 裕太が40代ホテル従業員女性への強姦致傷容疑で逮捕されてから4か月。被害者女性との間で示談が成立し、示談金は1000万円超とも報じられたが、ドラマやバラエティーなど、今回の事件で裕太が負った仕事上の違約金はさらに巨額だ。

「ゆうに1億円を超えるといわれています。淳子さん自身のCMも放送中止に追い込まれていますから」(高畑を知る芸能関係者)

 1月18日には、事件以降休んでいたレギュラー番組『スタジオパークからこんにちは』(NHK)に復帰。

「非難もありますが、なりふり構っていられない。2017年も舞台を中心に仕事をめいっぱい詰め込もうとしています」(別の芸能関係者)

 東京・練馬区の一角にある一戸建て、高畑の実家も2か月ほど前から売りに出されている。

「夏に高齢のお母様を施設に入れて、空き家になっていました。彼女も昔住んでいた思い出の地なので寂しい気もあると思いますが、売り出しを決めた。売ったお金は全額、息子さんの件で発生した違約金の返済に当てるそうです」(前出・高畑を知る芸能関係者)

 実家は30坪の2階建て。3000万円ほどで売却物件に出されているが、いまだ買い手はついていないという。裕太は9月9日の釈放以降、一度も姿を見せていない。

「埼玉にある精神科病院に入院していましたが、今は母と姉のこと美さん(30才)が暮らす自宅に戻り、引きこもり生活を送っているそうです。入院費用も生活費も全て淳子さんが出しています。結局、頼れる人は家族しかいなかったんです」(前出・高畑を知る芸能関係者)

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン