• TOP
  • 国内
  • 意味をはき違えやすい おみくじの「待ち人」って誰?

国内

2016.12.31 16:00  女性セブン

意味をはき違えやすい おみくじの「待ち人」って誰?

おみくじの正しいマナーを解説

 来たる2017年を占うおみくじ。知っているようで知らない、おみくじの作法や読み方について、15年以上にわたって全国のおみくじを収集・研究している、自称「おみくじマニア」の鏑木麻矢さんと、おみくじの研究で知られる愛知県立大学・日本文化学部准教授の大野出さんに聞いた。

Q:正しいおみくじの引き方とは?

A:おみくじは、参拝してから引くのが常識とされる。

「なんの挨拶もなしに頼みごとをするのは失礼にあたります。おみくじが始まったころは、体を洗い清め、観音経を3回読み上げ、真言という呪文のようなものを計999回唱える、といった複雑で大がかりな儀式などを行った後でないと、引くことができませんでした。さすがにそこまではなかなかできませんが、手水舎でお清めし、きちんと参拝してから引くようにしたいものです」(鏑木さん)

Q:おみくじに書かれる「待ち人」って?

A:意外に意味をはき違えているのがこの単語。

「若い人の中には、“恋人のこと”と勘違いしている人がいますが、本来は“出会いたい人、出会うべき人”。“恋人”も間違いではありませんが、その意味はもっと広いんです」(大野さん)

 おみくじ独特の言い回しもある。

 例えば「待ち人おとづれなくくる」だと、「訪れない」ような印象だが、実は「突然来る」という意味。

「“おとづれ”は訪れると書きますが、古語では“前触れ”のことを指します。おみくじを読み解くには、古語の素養も必要とされます」(大野さん)

「おみくじは占いなので、お金のことなら金運だけに絞って引くと、より深いメッセージが受け取れます」(大野さん)

 やはり、ひとつに絞ってから引くのがベストなようだ。

※女性セブン2017年1月5・12日号

関連記事

トピックス