国際情報

李登輝氏「台湾とアジアは日本の自立を期待している」

李登輝氏、93歳の言葉 撮影/黄威勝

 トランプ政権誕生によって最も影響を受ける国は台湾かもしれない。台湾の李登輝元総統は日本にアジアのリーダーとしての自覚を促す。

 * * *
 東西冷戦に勝利後、米国が単独覇権国家として世界に君臨するというパラダイムは、2001年の同時多発テロによって崩壊した。テロは米国の金融面にも衝撃を与え、低迷を続けた米国経済は、2008年のリーマン・ショックによって決定的な打撃を受ける。経済力の低迷は軍事面にも影響を及ぼし、もはや米国単独で世界を引っ張っていく力がなくなったのだ。

 ところが、この金融危機によって先進国と呼ばれる国々も力を失い、かわって中国、インド、ブラジルなど経済成長の著しい新興国の発言力が強くなってきた。そして、これらの新興国が加わって、ついにG20が国際情勢について議論を戦わせるようになっていく。

 こうした国際秩序の多様化は、米国のかわりにグローバルなリーダーシップを引き受ける能力と経済力を持つ国、もしくは組織がなくなったということを表している。主導的役割を果たす国家の不在、つまりそれまでのパラダイムが崩壊したとも言えるだろう。

 米国の政治学者イアン・ブレマー氏は、これを「Gゼロ」の世界と呼んだ。私に言わせれば、まさに戦国時代の到来である。

 トランプ氏の米国第一主義は、それだけ米国が国際社会に関与する余裕がなくなっていることの裏返しとも言える。こうした時代に、日本はいかに対処していくべきだろうか。

 まず言えるのは、米国との関係を平等な、対等な立場に改めることだ。これまでの日米関係は、日本側にとっては「米国に守ってもらおう」というような態度が戦後長く続いたように思える。

 安倍晋三首相が、集団的自衛権の行使を認め、国際社会における日本の責任を果たせるように整備したことに見られるように、日本自身が安全保障に積極的に関与することで、より密接で、対等な日米同盟を築き上げていかなくてはならない。そして、米国との間で、率直な対話に基づく対等なパートナーシップを築くことを考えるべきだ。日米関係の重要さを前提としつつ、日米同盟のあり方をいまこそ根本的に考え直す必要がある。

 さらに今後は、日米同盟をいかに運用していくか、日本がどのような役割を担うべきかが、改めて問われることになっていくだろう。

関連キーワード

トピックス

女性宮家が創設され、結婚すると「圭殿下」となる可能性も(2017年9月、東京・港区=撮影/JMPA)
小室圭さん帰国で眞子さまと結婚進展へ、注目される「懐事情」は
NEWSポストセブン
ベテラン政治家がガチンコ評定(時事通信フォト)
自民党OB17人「私が総裁に推す人物」調査、1位は河野太郎氏
週刊ポスト
海の向こうではふたりに好意的なまなざしも(時事通信フォト)
眞子さまの一途な愛、若い世代は肯定的 「プリンセスの矜持」…
週刊ポスト
「変異株」が次々に現れる…(時事通信フォト)
ミュー株に対抗できるワクチン量産には2年必要か 変異株に翻弄…
週刊ポスト
眞子さま
眞子さまの結婚準備 小室家側は一切やらず、結局動くのは宮内…
女性セブン
ベテラン政治家がガチンコ評定(時事通信フォト)
自民党OB17人「私が総裁に推す人物」調査、1位は河野太郎氏
週刊ポスト
帰国する小室圭さん、アメリカ留学費用1000万円超はオール借金か
帰国する小室圭さん、アメリカ留学費用1000万円超はオール借金か
NEWSポストセブン
海の向こうではふたりに好意的なまなざしも(時事通信フォト)
眞子さまの一途な愛、若い世代は肯定的 「プリンセスの矜持」…
週刊ポスト
綾瀬はるかと税理士
綾瀬はるか、母が巻き込まれた投資トラブルに怒り心頭 名前を…
女性セブン
パワハラ疑惑の伊集院光
「お前、降板スレスレだからな」伊集院光、新井アナへのパワハ…
女性セブン
(時事通信フォト)
眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる…
女性セブン
綾瀬はるか
綾瀬はるかの資産が狙われたか 母が巻き込まれた1億円投資トラ…
女性セブン
30年前からそりが合わなかった?(時事通信フォト)
高市早苗氏が30年前、立民・蓮舫氏と並んでテレビ司会をしていた…
NEWSポストセブン
フワちゃん
フワちゃん&伊沢拓司、疑惑深まる2人の関係 同じ車で「あいの…
女性セブン
輝く50歳、平子理沙
平子理沙「奇跡の50歳」、吉田栄作・再婚報道当日のピンク髪姿
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 医者と病院の拝金・怠慢ほか
「週刊ポスト」本日発売! 医者と病院の拝金・怠慢ほか
NEWSポストセブン