• TOP
  • スポーツ
  • 広島カープ 1億円選手5人に増えるもハングリー精神健在

スポーツ

2017.01.06 07:00  週刊ポスト

広島カープ 1億円選手5人に増えるもハングリー精神健在

セ・リーグ連覇を目指す広島カープ

 昨シーズン25年ぶりのセ・リーグ優勝に沸いた広島カープ。精神的支柱であった黒田博樹が引退した2017年シーズンには不安もありそうだが……。

 しかし、OB会長の安仁屋宗八氏は「去年だって前田健太(28、現・ドジャース)の15勝の穴をジョンソン(32)と野村(祐輔、27)が埋めた。今度は大瀬良大地(25)や福井優也(28)、岡田明丈(23)がなんぼでも埋めますよ!」と余裕綽々だ。

 今オフは菊池涼介(26)が6000万円増の1億4500万円でサインするなど、昨季は2人だけだった“日本人1億円プレーヤー”が5人に増えた。

「黒田の年俸6億円を再配分した格好ですが、カープは伝統的に選手の年俸には渋い。実際、今も複数年契約は外国人のジョンソンとエルドレッド(36)だけ。今季の働き次第で大幅ダウンもあるとわかっているから、選手はみんな必死で頑張りますよ」(地元紙記者)

 伝統のハングリー精神が、連覇へのカギになりそうだ。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2017年1月13・20日号

関連記事

トピックス