コラム

最新コラム記事のRSS

稀勢の里が悲願の初優勝!「無冠の帝王」をついに返上

2017.01.21 19:30

(画像は日本相撲協会のスクリーンショット) 21日、大相撲初場所14日目が行われ、稀勢の里が悲願の

(画像は日本相撲協会のスクリーンショット) 21日、大相撲初場所14日目が行われ、稀勢の里が悲願の初優勝。

これまで何度もチャンスがありながらここ一番で敗れ続け、ファンの期待を裏切ってきただけに、喜びもひとしおのようだ。



https://twitter.com/19970728Hide/status/822730263121641473

https://twitter.com/reesophiayume/status/822730652889935872

&
■無冠の帝王を返上
稀勢の里は史上2位の早さとなる18歳3ヶ月で新入幕を果たし、将来の横綱候補として大きな期待を受けていた。しかし、小結になると苦戦するようになり、一部で「永世小結」などと揶揄される。

2012年にようやく大関に昇進すると、連続勝ち越しを続け安定した成績を残すようになったが、優勝には縁がなく必ず大事なところで敗戦。精神的な弱さが指摘され、「ノミの心臓」という陰口もでるほど。

ところが今場所は、初日から終始安定した相撲。単独トップで迎えた14日目、不安視する声もあったが逸ノ城に勝利。結びの一番で白鵬が貴ノ岩に敗れたため、千秋楽を待たずに優勝が決定した。

支度部屋で白鵬敗戦の報を聞き、インタビューを受けた稀勢の里の目には光るものがあった。ようやく、苦労が報われた瞬間だったろう。

&
■日本人横綱への期待が
今後期待されるのが、横綱昇進。稀勢の里は昨年3場所連続で綱取りのチャンスがあったものの、いずれも痛いところで土がつき、綱取りは幻に終わっている。

とくに白鵬、鶴竜らが休場した秋場所は「最大のチャンス」とされたが、豪栄道に優勝をさらわれ失敗。好機を活かすことができなかった。

ファンは大事なところで必ず負けるイメージのあった稀勢の里に厳しい目を向けていたためか、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,368名に実施した調査では、「稀勢の里は横綱になれると思う」と考えている人は3割程度に留まっていた。

今回の優勝で横綱昇進となるかは今のところ不明だが、大きく前進したことは間違いなく、厳しい声をようやくはね返すことができるかもしれない。

悲願を達成した稀勢の里が久しぶりの日本人横綱となるのか、今後が注目される。

・合わせて読みたい→最後のチャンス?稀勢の里の横綱昇進に期待している人の割合は…

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1368名(有効回答数)

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP