• TOP
  • 特集
  • カリスマナンパ師が指南 「落としやすい女」の7つの特徴

特集

2017.01.22 15:59  週刊ポスト

カリスマナンパ師が指南 「落としやすい女」の7つの特徴

どんな女がオチやすい?

 ナンパ歴20年のノウハウを自身のサイト『ナンパな一期一会ノススメ』に綴るカリスマナンパ師・Sai氏。これまで彼は500人以上の人妻を抱いてきた。その彼が人生最高の不倫と語るのは、20代後半の人妻との一夜だった。

「終電間際、駅でひとりの女性に声をかけたら、『旦那は出張中』ということだったので自宅に誘って飲むことに。彼女には子供はいなかったが、夫のために料理教室に通うような“意識が高い女性”だった。

 そういう女性は私の経験上、マンネリ化した家庭では自分の成長を感じることができないので、外に刺激を求める。そのため、男性に好意を寄せられると罪の意識は持ちつつも強く断わることができない傾向がある。積極的に『可愛いね』『キレイだよ』と口説いていたら落とせました」(Sai氏、「」内以下同じ)

 Sai氏が彼女を(1)「意識が高い女性」と称したように、不倫しやすい、落としやすい女性には、7つの特徴があるという。

(2)携帯電話、スマホの画面が割れている
「落として割れても“使えればいい”という女性は、細かいことは気にしない。男性関係も緩く、不倫でも“バレなければいい”という感覚になりやすい」

(3)SNSの更新頻度が高い
「SNSを頻繁に更新する女性は寂しがり屋が多い。かまってほしいから、自分に好意を寄せてくれる男性がいればすぐになびく」

(4)仕事一筋

(5)飲み会のカラオケで“点数競争”に燃える
「この2つには“負けず嫌い”という共通点があります。自分が気に入った男性が既婚者の場合、奥さんに負けたくないと“略奪”しようとする」

 このタイプの女性は、「君が頑張ってる姿、オレは見てるよ」などと労うと、「私のことを見てくれているんだ」と気持ちを許し、一気に不倫になだれこむ傾向があるという。

(6)看護師、介護士など、生死に関わる現場に身を置いている
「仕事中、常に緊張しているため、男性に対するちょっとした心の揺れ動きを恋愛のドキドキと勘違いしやすい。また、ハードワークなので、仕事を離れた時の解放感を味わいたくて、職場以外の男性に心を許しがち。『命の現場で責任も重くて大変だね』と労わられるだけで、すぐに相手に惚れます」

(7)ライブやフェスに頻繁に行く
「“楽しければいい”“誘いを断わるのはKYだ”という意識が強い。だから相手が妻子持ちでもノリでヤッてしまいます」

 最後にSai氏に既婚女性を口説く際のテクニックも指南してもらった。

「『君みたいな素敵な奥さんがいる旦那さんは幸せ者だね?』など旦那を肯定する形で質問するように聞くと、たいていは何らかの不満をいい出す。その愚痴を聞いてあげたりすると、セックスに持ち込みやすい」

 7つの「不倫しやすいタイプ」の女性、あなたのまわりにもいるかもしれない。

※週刊ポスト2017年1月27日号

関連記事

トピックス