芸能

いつもときめきたい恋愛至上主義の人におすすめの冬ドラマ3作

大人が楽しめるラブサスペンス(『カルテット』HPより)

 盛り上がりを見せる冬ドラの中で、いつもときめいていたい「恋愛至上主義」の人におすすめの3作品を紹介。TV・ドラマ解説者の木村隆志さんが解説する。

 ひとつめは『カルテット』(毎週火曜22時~・TBS系)。夢が叶わぬままくすぶっている男女4人が“偶然”出会い、楽器を弾けることからカルテットを組んで、冬の軽井沢で共同生活を送ることに。30代の男女が共同生活とあれば、自然と恋が発生する。

「ラブサスペンスで、全員が片思いという切ないシチュエーションにもひかれますが、やはり潤いポイントは、人間ドラマの名手・坂元裕二さんの手がけるせりふ。胸に突き刺さるような会話が続々と出てきます」(木村さん、以下「」内同)

 続いて『突然ですが、明日結婚します』(毎週月曜21時~・フジテレビ系)。専業主婦になることを夢見る27才の銀行員あすか(西内まりや)は、彼氏にふられて落ち込んでいたが、人気アナウンサー・名波(flumpool山村隆太)と出会い、互いにひかれていき…。

 注目ポイントは演技初挑戦の山村だ。

「普段はバンドのボーカルとして活動している彼が見せる自然かつイケメンな演技。月9ならではのわかりやすさも手伝って、気楽に楽しめ、キュンポイントも高い」

 夫とのマンネリ気味の生活を送るあなたも、あすかになりきり、「恋する相手と結婚したい」と思っていたあの頃に戻ってみる?

『奪い愛、冬』(毎週金曜23時15分~・テレビ朝日系)も注目。恋人の康太(三浦翔平)からプロポーズを受け、幸せの絶頂にいた光(倉科カナ)の前に、突然、昔の恋人が現れる。彼には妻がいて、光は禁断の愛に足を踏み入れていく。ドロドロ不倫劇はまさに深夜にぴったり。

「とにかく見どころは男性陣のセクシーさ。深夜枠ですから、ラブシーンもふんだんに出していますし、三浦さんの色気も画面から伝わる。既婚者でも疑似恋愛をしているような気分が味わえるかも」

 元カレ役の大谷亮平(36才)が(昨年ヒットした)『逃げ恥』とは違うセクシーさを見せているのも注目だ。頑張っているのに、幸せはまだ遠い。倫子たちの話には「タラレバ女子」あるあるが満載。

※女性セブン2017年2月9日号

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン