• TOP
  • コラム
  • 食べてキレイを実現!「ビープル バイ コスメキッチン」のビューティショコラ厳選5

コラム

2017.02.02 07:00  ダイエット ポストセブン

食べてキレイを実現!「ビープル バイ コスメキッチン」のビューティショコラ厳選5

写真/アフロ

ダイエット中はNGと思いがちなチョコレート。でも食べ方次第では、美容の味方にすることができる。

ナチュラル&オーガニックの食品や生活雑貨が揃う「Biople by CosmeKitchen(ビープル バイ コスメキッチン)」では、“一粒のチョコレートが美容をサポートする”をテーマにした「CHOCOLATE Beauty(チョコレートビューティ)」を開催中。

2017年2月14日(火)まで、「ルミネ有楽町店」1階と「ルミネ新宿」地下1階、それぞれのポップアップスペースで展開。20ブランド153種類のチョコレートが並ぶ「Chocolate Beauty」には、ダイエット中でも◎な逸品も。

「チョコレートの原料であるカカオ豆には、体にうれしい効果を与えてくれるカカオポリフェノールが含まれます。毎日、適量を摂ることはキレイの維持にも役立ちます」と、「Biople by CosmeKitchen」プレスのくるすさんは話す。さっそく、チョコレートについて教えてもらった。

◆適量のチョコレートが美容・ダイエットの味方になる理由

チョコレートの原材料であるカカオ豆には、ポリフェノールの1種である「カカオポリフェノール」と、たんぱく質「カカオプロテイン」が含まれる。

「赤ワインの2倍ともいわれる抗酸化作用をもつ『カカオポリフェノール』には、体を錆びつかせる活性酵素を除去して、血流を改善する効果があります。その結果、基礎代謝が高めてくれるので、痩せやすい体作りに◎。満腹中枢を刺激して、空腹感を抑える働きもあるので、ダイエット中のおやつに最適です」(くるすさん。以下、「」同)

一方、難消化性の「カカオプロテイン」は小腸では消化吸収されず、大腸まで届いて、ここで善玉菌のエサとなる。そのため、食物繊維「リグニン」とともに、腸内環境の整理や便のかさましに役立つという。

「各所での研究で、1日の目安とされているのが25gです。そしてカカオの効果が実感できるのが、カカオ成分を70%以上含む“ハイカカオ”のチョコレートといわれています」

ただし、“ハイカカオ”といっても、白砂糖や生クリーム、植物油脂などを加えていて、余計なカロリー摂取につながるものも。そこで、くるすさんに「CHOCOLATE Beauty」のチョコレートでオススメを5つ教えてもらった。

【オススメ1は、究極のハイカカオチョコレート】

オーストリア生まれのZotter(ゾッター)社は、フェアトレードBean To Bar(ビーントゥーバー)のチョコレートメーカー。高品質のカカオ豆やスパイス、フルーツなどを世界各地の厳選素材にこだわったチョコレートを生産している。

◆【オススメ1】原材料はカカオマスのみ。究極のハイカカオ!

中でも「Zotter(ゾッター)ラブーコ」は、カカオの味わいを前面に押し出しているシリーズ。「Zotter(ゾッター)ラブーコ エクアドル100%」(65g 1166円)の原材料は、カカオマスのみ。乳化剤などの添加剤はもちろん、白砂糖も使っていないという。

「カカオ100%のチョコレートはパサパサとして粉っぽく、おいしいとはいえないという今までの固定観念をくつがえしてくれる一品。また、エクアドル産のカカオ豆は、苦味と酸味のバランスがいいのが特徴です。ビターなチョコレートが好みの方にオススメです」

【オススメ2は、栄養たっぷりのローチョコレート】

Antidote(アンチドート)社の「100%XOCHIPILLI(ショチピルリ) RAWカカオ+デーツ」(65g 1620円)」もカカオ100%。

◆【オススメ2】ローカカオ×ローストしたカカオ豆で栄養たっぷり

こちらはカカオバターも使っていることから、舌触りがよりなめらか。アラブの美容食“デーツ(ナツメヤシ)”入りだから、ミネラル類やビタミンB類なども摂取することができる。

「Antidoteのチョコレートは、46.1度以下で処理したロー製法のカカオとローストしたカカオ豆をブレンドしているので、カカオの栄養効果とその味わいを甘受できます」

【オススメ3は、話題のココナッツシュガー使用】

ロンドン発の「OMBAR(オームバー)」は、ヨーロッパで大人気のローチョコレートブランド。オーガニック素材にこだわったそのチョコレートバーは、通常のチョコレートの6倍のフラボノール(ポリフェノールの1種)が摂取できるという。

◆【オススメ3】未精製のココナッツシュガーが、血糖値の上昇をゆるやかに

「6種類のフレーバーがありますが、中でも『オーガニック ローチョコレート オームバー <カカオ90%>』(35g 806円)がイチオシ。とろけるような舌触りで、食べやすく栄養価も高いので、『Biople by CosmeKitchen』のハイカカオチョコレートで一番人気です」

原材料は有機ローカカオ、有機カカオバター、未精製のココナッツシュガーの3つだけ。低GI値のココナッツシュガーは、血糖値の急上昇を避けることができるので、ダイエットに◎。

【オススメ4は、ヒマラヤ産の稀少なハチミツで栄養を補充】

「Heavenly ORGANICS(ヘブンリーオーガニックス)」社は、100%オーガニック抗生物質フリーのローハニーを製造するインドのメーカー。そのハチミツは、ヒマラヤ奥地の野生の巣から採取しているという。

◆【オススメ4】栄養たっぷりのローハニー入り

「その『チョコレートハニーパティ』は、自慢のホワイトハニーとカカオ100%のダークチョコレートを組み合わせたスイーツ。ビープルバイコスメキッチンでのお取り扱いは「ダブルダーク」「ミント」「ポメグラネイト」の3種。特にオススメは、甘酸っぱいザクロをくるんだ『ポメグラネイト チョコレートハニーパティ』(11g×12個 1814円)です」

1個50kcalと低カロリーなのもうれしい。

【オススメ5は、飲んで食べても◎】

「my Honey(マイハニー)」は日本のハチミツメーカーで、2014美食女子グランプリで金賞を受賞している「ナッツのハチミツ漬け」が有名。

◆【オススメ5】豆乳に溶かして飲んでもおいしい!

木のスプーンをチョコレートでコーティングした「ザ・スプーン」(30g 864円)は、プレゼント用としても人気が高いそう。

「『ザ・スプーン』はハチミツとオーガニックカカオ、塩のみで作っています。ハチミツは、砂糖の3倍の甘さをもちながらカロリーはその2分の1、とヘルシー。そのまま食べてもおいしいですが、豆乳に溶かしてホットチョコレートにして味わってみてください。リラックス効果が抜群です」

【データ】
Biople by CosmeKitchen(ビープル バイ コスメキッチン)「Chocolate Beauty(チョコレートビューティ)」
開催日程:[第1弾]2017/01/26(木)〜02/14(火)[第2弾]2017/02/01(水)〜02/14(火)
開催場所:[第1弾]ルミネ有楽町 1階ポップアップスペース(東京都千代田区有楽町2-5-1) [第二弾]ルミネエスト新宿店 B1階 特設会場(東京都新宿区新宿3-38-1)
http://biople.jp/
※一部のチョコレートは、同店ウェブストアでも販売

【関連する記事をチェック!】
●オルビスが数量限定で「ショコラ・ド・アロニア」を発売
●食べてキレイになる!ジャン=ミッシェル・モルトローのビューティショコラ
●お菓子はダイエットの敵ではない?間食の「悪習慣」5つをチェック
●【心理テスト】もしも本気で痩せたら…2017年、どんな”いいこと”が起きる?
●しつこい顔太りを「うさぎストレッチ」で解消!就寝30分前の【眠活ダイエット】

関連記事

トピックス