• TOP
  • 特集
  • 米無料動画サイトの検索ワード世界一は44歳の「リサ・アン」

特集

2017.02.05 15:59  週刊ポスト

米無料動画サイトの検索ワード世界一は44歳の「リサ・アン」

 世界的に有名な米国の無料動画エロサイト『Pornhub』が、同サイトの2016年の検索ワードの集計結果を発表した。このデータの面白いところは検索ワード、人気女優が国ごとに「ランキング化」されているところにある。分析すると、世界のトレンド、そして日本人の特異さが浮かび上がってきた──。

 まずは「人気女優」のランキングを見ていく。 ここでは日本人がトランプ米大統領顔負けの“自国ファースト”であることが分かる。

 日本人の検索結果の1位は上原亜衣。2位に波多野結衣、そして3位は麻美ゆまと上位3人を日本人の人気AV女優が占め、日本人のドメスティックな嗜好が浮き彫りになった。

 一方で、世界全体のランキングで見るとトップの上原ですらランク圏外。世界一に輝いたのは米国のポルノ女優「リサ・アン」である。米国、英国、そしてフランスでそれぞれ3位にランクインし、世界ナンバーワンとなった。

 1972年生まれのリサはなんと44歳。茶色の大きな瞳が特徴的な“米国版・美熟女”だ。

 カリフォルニア州でダンサーをしていた彼女は1994年にポルノデビュー。いったん引退し、ストリップダンサーとして全米を巡業していたが、その後に女優として復帰した。身長は158センチ、スリーサイズがB97、W51、H86という、ダイナマイトボディの持ち主だ。AVライターの大坪ケムタ氏が語る。

「彼女は日本でいうところの熟女を表わす『MILF』というジャンルを米国で確立させた女優です。彼女がきっかけとなって、今は米国でも熟女系の動画が人気になっています。

 中でも彼女は、“これぞポルノスター”というようなはち切れんばかりの胸を揺らし、大きな声で喘ぐ。有名なラッパーのエミネムのミュージックビデオにも出演するなど、知名度はワールドクラスです」

 日本のAV業界でも「熟女ブーム」は健在だが、これは“万国共通”のようだ。

※週刊ポスト2017年2月10日号

関連記事

トピックス